LINE Pay、大阪市の税金支払いに対応 - 神奈川県に続き

LINE Pay、大阪市の税金支払いに対応 - 神奈川県に続き
LINE Payは11月15日、コミュニケーションアプリ「LINE」上で展開するモバイル送金・決済サービス「LINE Pay」の「LINE Pay 請求書支払い」において、12月14日以降、大阪市の税金の支払いに対応することを発表した。

電算システムが行う収納代行サービスを通じて、大阪市の発行する納付書を「LINE Pay 請求書支払い」で支払うことが可能になる。対象となる納付書は、以下のとおり。

個人市・府民税(普通徴収)
個人市・府民税(特別徴収)
固定資産税・都市計画税(土地・家屋)
固定資産税(償却資産)
軽自動車税
法人市民税
事業所税
市たばこ税
入湯税

一部収納会社が発行する請求書に関しては、「LINE Pay 請求書支払い」による支払い手数料が利用者負担となる場合がある。手数料の発生有無は、サービスを利用する中で確認できる。大阪市税納付の際は手数料は発生しない。

11月13日、神奈川県も2019年1月から自動車税、個人事業税、不動産取得税の支払いに「LINE Pay」を導入する予定であることを発表している。

あわせて読みたい

マイナビニュースの記事をもっと見る 2018年11月15日のIT記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

ITニュースアクセスランキング

ITランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

トレンドの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

最新IT業界情報やiPhoneやAndroidやガジェット、話題のサービス、IoT情報、スタートアップにまつわるニュースをお届け中。