家焼肉のプロに聞いた、安い肉が劇的においしくなる方法

家焼肉のプロに聞いた、安い肉が劇的においしくなる方法
もうすぐ、一年でもっとも肉需要が高まる日と言っても過言ではない「11月29日(いい肉の日)」がやってくる。また、12~1月にかけては友人や家族と自宅で焼肉パーティをするという人も多いだろう。肉は疲労回復に欠かせない「動物性たんぱく質」が豊富とあって、師走疲れのビジネスマンにもぴったりな食材。

でも、問題なのがお財布事情。いいお肉を食べようと思えば、それ相応のマネーがかかってしまう。物入りの年末とあって、なるべく出費は抑えたい。でも、おいしい肉を食べたい。このジレンマを解決してもらうべく、家焼肉のプロ「エバラ食品」さんに「安い肉が劇的においしくなる方法」を教わってきた。
○『漬け込み焼肉』なら、お肉が格段にウマくなる!

おいしいお肉は食べたいけど……「3日前から肉を熟成させて~」とか「高性能なホットプレートを使って~」とか、面倒なことはしたくない。そう伝えると、エバラ食品のマーケティング部・石井敦史さんいわく「スーパーの格安お肉とフライパンと焼肉のたれだけあれば大丈夫です」とのこと。その方法が、エバラ伝統の『漬け込み焼肉』だという。

エバラと言えば「焼肉のたれ」。創業当時の60年前、食卓に並ぶお肉はお世辞にもいい質と言えるものではなかった。そのため、焼く前に肉をたれに漬け込むことで旨味を閉じ込めたり、臭みを抑えたりといった効果がある「焼肉のたれ」が開発されたそう。今や、肉の質が向上したことで食べ方も変化し、「たれは焼いた後につけるのが当たり前」と思っている人も多いはず。でも実は、この『漬け込み焼肉』こそ、エバラ伝統の技と言えるものなのだ。...続きを読む

あわせて読みたい

マイナビニュースの記事をもっと見る 2018年11月20日のIT記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

ITニュースアクセスランキング

ITランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

トレンドの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

最新IT業界情報やiPhoneやAndroidやガジェット、話題のサービス、IoT情報、スタートアップにまつわるニュースをお届け中。