マイクロソフト、 Minecraft大会開催で子供のプログラミング教育支援

マイクロソフト、 Minecraft大会開催で子供のプログラミング教育支援
日本マイクロソフトは11月29日、6~15歳下の子供たちを対象にしたプログラミングコンテスト「Minecraftカップ2019全国大会」の開催を発表するとともに、15歳~44歳を対象にした就労支援「若者TECH」プロジェクトを開始すると発表した。

日本マイクロソフト 代表取締役社長の平野拓也氏は、これらの取り組みについて、「未来の創り手となる子供たち、若者に対して、コンピュータサイエンス教育を提供する。必要なスキルを習得し、活躍できる場所と機会を提供するものになる」と説明した。

日本マイクロソフトは、これまでにも3万人の教員を対象にしたICT教員研修や、日本でも1万人の生徒が参加してコーディングを学習した「Hour of Code」、障害を持つ子供たちが参加できるプログラミング学習の「Programing for all」などを実施。

加えて、5万人の無業の若者が参加し、ITスキルを身につけ、45%が就労した実績を持つ若者UPプロジェクトを実施してきた。若者UPプロジェクトは、7年間の実績を持ち、先ごろ、厚生労働省の地域若者サポートステーション事業に引き継がれ、政策との連動へとつながっている。

今回の2つの新たな取り組みは、こうした実績をもとに実施するものになる。
○あらゆる子供の参加を支援する「Minecraftカップ2019全国大会」

Minecraftカップ2019全国大会は、日本でも2016年11月から教育現場向けに提供している「Minecraft:Education Edition」を利用する。6歳~15歳の子供たちが3人以上でチームを構成し、創造性を発揮しながら、「子供たちが創る、スポーツでみんなが暮らす街」をテーマにプログラミングを行って競う。...続きを読む

あわせて読みたい

気になるキーワード

マイナビニュースの記事をもっと見る 2018年11月30日のIT記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

次に読みたい関連記事「Apple」のニュース

次に読みたい関連記事「Apple」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「Google」のニュース

次に読みたい関連記事「Google」のニュースをもっと見る

新着トピックス

ITニュースアクセスランキング

ITランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

トレンドの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

最新IT業界情報やiPhoneやAndroidやガジェット、話題のサービス、IoT情報、スタートアップにまつわるニュースをお届け中。