北大路欣也が語る“時代劇”の意識「今も1000年前も変わらない」

北大路欣也が語る“時代劇”の意識「今も1000年前も変わらない」
俳優の北大路欣也がこのほど、フジテレビ系年末時代劇スペシャル『剣客商売 手裏剣お秀』(21日21:00~23:12)の取材に都内で応じ、撮影を終えての心境を語った。

江戸時代屈指の剣の達人であり、剣を世渡りの手段(商売)としながら、軽妙洒脱に生きる秋山小兵衛の人生と事件を描いた、池波正太郎氏原作の同作。2012年に北大路主演で単発ドラマとして復活し、今回は3年ぶり新作の第5弾となるが、久々の撮影に北大路は「共演のメンバーと再会できるのはうれしいですね。時々メールで『どう?』って連絡はしますけど、会って皆さん元気そうで楽しくやってる姿を見ると、やっぱりうれしい」と感想を語る。

そんな中、今作にはサブタイトルにもなっている女剣士・杉原秀役で、比嘉愛未が出演。手裏剣の達人という役柄で、比嘉は「難しかったです」とコメントしているが、「いやぁ上手だった。腰がシュッと入っててね。リズム感がないと相手との間合いを合わせることもできないけど、今の方はダンスが得意だからね」と感心して見ていたそうだ。

他にも、若いキャストに対して、「もう『あっ、すげぇなぁ!』ばっかりだった。ものすごいみんな真面目なので刺激を受けるし、わだかまりのない吹っ切れた雰囲気を現場で感じるんです。若い人は羨望の的ですよ!」と絶賛した。

自身が演じる秋山小兵衛に対しては、「僕はこういう大人になりたいと思うんです」と尊敬。「人との接し方、相手の人が何を言ってるのかをよく解釈して理解して、答えを出してるでしょ? 聞く耳を持ってる大人の人になりたいんだよね。なれないんだけど(笑)」と、憧れの気持ちを持ちながら演じていることを明かした。...続きを読む

あわせて読みたい

気になるキーワード

マイナビニュースの記事をもっと見る 2018年12月5日の芸能総合記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

次に読みたい関連記事「古田新太」のニュース

次に読みたい関連記事「古田新太」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「吉田鋼太郎」のニュース

次に読みたい関連記事「吉田鋼太郎」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「塚本高史」のニュース

次に読みたい関連記事「塚本高史」のニュースをもっと見る

新着トピックス

芸能総合ニュースアクセスランキング

芸能総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

芸能の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

話題の芸能人のゴシップや噂など最新芸能ゴシップをお届けします。俳優やタレントやアイドルグループなどの情報も充実。