2018年の連ドラTOP10発表! ドラマ解説者が視聴率無視で選出

2018年の連ドラTOP10発表! ドラマ解説者が視聴率無視で選出
●企画の勝利『おっさんずラブ』
28日深夜放送の『忘却のサチコ』(テレビ東京系)を最後に、2108年の連ドラがすべて終了。

録画を含めた視聴率の高低に関わらず、『おっさんずラブ』(テレビ朝日系)や『今日から俺は!!』(日本テレビ系)のようなネット上の話題を席巻する作品が産まれるなど、季節を問わず連ドラの話題が尽きない一年だった。

ここでは「朝ドラから夜ドラ、深夜ドラマまで、全国ネットの連ドラを全て視聴している」ドラマ解説者の木村隆志が、一年を振り返るべく「業界のしがらみや視聴率は一切無視」して、独断で2018年の連ドラTOP10を選んでいく。

※ドラマの結末などネタバレを含んだ内容です。これから視聴予定の方はご注意ください。
○■10位:単なる「飯テロ」を超えた笑いあふれる芸術作『忘却のサチコ』(テレ東系)

昨年の『さぼリーマン甘太朗』に続いてテレ東がまたもやってくれた。

放送前は「『孤独のグルメ』(テレ東系)の女性版」なんて声もあったが、その食べっぷりと自由度の高さは『さぼリーマン甘太朗』のOL版」。ただのグルメドラマに留まらず、恋や仕事を絡めたストーリーは、そちら専門の作品を上回る仕上がりで、「つらさや哀しさを忘れるためのグルメ」という流れが実に自然だった。

さらに、コスプレ、即興芝居、ミュージカル、ラップなど、変幻自在の演出には笑いがてんこ盛り。作り手たちの発想力と技術力を詰め込んだ「深夜ドラマにはもったいない」ほどの贅沢な作品となっていた。

あわせて読みたい

気になるキーワード

マイナビニュースの記事をもっと見る 2018年12月31日の芸能総合記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

次に読みたい関連記事「視聴率」のニュース

次に読みたい関連記事「視聴率」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「テレビ朝日」のニュース

次に読みたい関連記事「テレビ朝日」のニュースをもっと見る

新着トピックス

芸能総合ニュースアクセスランキング

芸能総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

芸能の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

話題の芸能人のゴシップや噂など最新芸能ゴシップをお届けします。俳優やタレントやアイドルグループなどの情報も充実。