Windows XP、3カ月連続増加 - 12月OSシェア

Windows XP、3カ月連続増加 - 12月OSシェア
Net Applicationsから2018年12月のデスクトップOSのシェアが発表された。2018年12月はMac OSとLinuxがシェアを増やし、Windowsがシェアを減らした。Windowsをバージョン別に見るとWindows 10とWindows XPがシェアを増やし、Windows 7とWindows 8.1がシェアを減らしている。Windows XPはこれで3カ月連続でシェアを増やしたことになる。

Windows XPはすでにサポートが終了しており、脆弱性が発見されても修正されない状況になっている。このため、セキュリティサポートが提供されているオペレーティングシステムへ移行することが推奨されているが、依然としてシェアを確保しており、理由は明らかになっていないが今回のようにシェアが増加する現象も見られる。

あわせて読みたい

気になるキーワード

マイナビニュースの記事をもっと見る 2019年1月4日のIT記事
「Windows XP、3カ月連続増加 - 12月OSシェア」の みんなの反応 2
  • 匿名さん 通報

    ネットにつないでない仕事用が多いんじゃないの?実際仕事で使うにはXPの方が安定してるだろう。それかwindows全体の台数が少なかったりしてな。

    3
  • 匿名さん 通報

    10はアップデートの度に不具合起こして、下手すれば放置されたまま数ヶ月なんてあるからな。XPでPCとしては完成されるし。

    2
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

次に読みたい関連記事「Google」のニュース

次に読みたい関連記事「Google」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「Apple」のニュース

次に読みたい関連記事「Apple」のニュースをもっと見る

新着トピックス

ITニュースアクセスランキング

ITランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

トレンドの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

最新IT業界情報やiPhoneやAndroidやガジェット、話題のサービス、IoT情報、スタートアップにまつわるニュースをお届け中。