創って学ぼうプログラミング 第20回 新しくやってきたスクラッチ3.0でマイクロビットを使う

創って学ぼうプログラミング 第20回 新しくやってきたスクラッチ3.0でマイクロビットを使う
○スクラッチ3.0とマイクロビット

 今回は1月2日に正式版が登場したスクラッチ3.0からマイクロビットを使う方法について説明します。

スクラッチ3.0(Scratch 3.0)公式サイト
https://scratch.mit.edu/(MIT公式サイト内)

 スクラッチからマイクロビットを使う場合は注意が必要です。マイクロビットもスクラッチと同じブロックを使ってプログラムを作ることができますが、スクラッチを使ってマイクロビットのプログラムを作ることはできません。スクラッチからマイクロビットを扱う場合、外部デバイスとして認識、処理されます。ゲームのコントローラー的な使い方に近いでしょう。

 スクラッチではマイクロビットを外部デバイスとして扱う際、通信にBluetoothを使います。この通信処理などを行うため、あらかじめ用意されているマイクロビットのプログラムをマイクロビット本体に転送しておく必要があります。また、スクラッチを作る側のコンピューターはBluetooth 4に対応していないとマイクロビットが認識されません。この場合、プログラムを作成するためのブロックは利用できますが、マイクロビットとの送受信はできません。
○マイクロビットを使う前準備(パソコン側の設定)

 スクラッチ3.0でマイクロビットを使う手順について説明します。具体的な手順は公式サイトにも掲載されています。

また、スクラッチの画面左下にあるボタンをクリックして上記ページに移動することもできます。

あわせて読みたい

気になるキーワード

マイナビニュースの記事をもっと見る 2019年1月10日のIT記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

ITニュースアクセスランキング

ITランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

トレンドの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

最新IT業界情報やiPhoneやAndroidやガジェット、話題のサービス、IoT情報、スタートアップにまつわるニュースをお届け中。