連ドラ初主演の小芝風花、母親役の松下由樹は「圧の怖さが面白い」

連ドラ初主演の小芝風花、母親役の松下由樹は「圧の怖さが面白い」
1月18日にNHK総合でスタートするドラマ10『トクサツガガガ』(全7回 毎週金曜 22:00~22:44)の試写会が9日、東京・渋谷の同局で行われ、主演の小芝風花が、寺田心松下由樹とともに出席した。

特撮をこよなく愛する隠れオタクであるOLの仲村叶を、主演の小芝風花が熱演した同ドラマ。日常生活で直面する「あるある」な壁に葛藤しつつも、前向きに奮闘する彼女の姿をコミカルに描く。

同ドラマで連ドラ初主演を務めた小芝は「連ドラ主演も初めてでプレッシャーもありました。特撮に触れたことがなくて不安もたくさんありましたが、お母ちゃん(松下由樹)やダミアン(寺田心)を含めたキャストやスタッフの皆さんに支えられてすごく楽しく撮影することができました」と満面の笑みを浮かべた。

この日登壇した共演者の印象を問われ、役柄的に同じ特撮好きで仲良くなる小学生のダミアン役を演じた寺田とは「公園のシーンが多くて指遊びやあっち向いてホイとかしたりして遊んでました。めちゃくちゃ可愛かったです」と撮影以外でも仲良く遊んでいたそうで、「大人気なく勝ってました。すみません(笑)」と寺田に謝罪する一幕も。

母親役の松下については「特撮に反対してバチバチしているところがあり、大人になってからもお母ちゃんにおびえています。2話でお母ちゃんの何とも言えない圧の怖さが面白いので、2話以降も楽しんでいただければと思います」と見どころのポイントをあげ、松下も「特撮が大嫌いという役柄なので、最強の悪役を演じています)」と笑みを浮かべていた。

また、演じたキャラクターとは異なり、幼い頃から何かにハマったことがないという小芝は「記憶にあるのが、幼稚園の時の『アンパンマン』で止まっています。今回の仲村叶のように、熱中できるものがあることは羨ましい気持ちが強くありますね」と語りつつ、「今回、こういう作品に携わって、特撮カッコいいな! と思い、これから熱中できるものになったらいいなとやっと見つけられそうな感じがしています」と特撮に興味を示していた。

あわせて読みたい

気になるキーワード

風花のプロフィールを見る
マイナビニュースの記事をもっと見る 2019年1月9日の芸能総合記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

次に読みたい関連記事「大園桃子」のニュース

次に読みたい関連記事「大園桃子」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「松岡はな」のニュース

次に読みたい関連記事「松岡はな」のニュースをもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

芸能総合ニュースアクセスランキング

芸能総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

芸能の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

話題の芸能人のゴシップや噂など最新芸能ゴシップをお届けします。俳優やタレントやアイドルグループなどの情報も充実。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。