飲み会の乾杯「ビール」派の割合は?

飲み会の乾杯「ビール」派の割合は?
備前焼のまちづくり推進協議会は1月10日、「乾杯に関する調査」の結果を発表した。調査は2018年11月30日~12月3日、20歳~49歳のお酒を飲む男女500名を対象に、インターネットで行われた。
○乾杯はビール派が断トツ

はじめに、乾杯はどんなお酒でするのか聞いたところ、「ビール」(61.6%)が圧倒的に多く、続く「酎ハイ」(13.2%)、「カクテル」(8.4%)に大差をつけてトップとなった。

続いて、乾杯とSNSへの投稿について調べた結果、16%の人が「乾杯の瞬間を写真に収め、SNSなどに投稿することがある」と回答。性年代別にみると、20代女性が25%と最も高い割合を示した。インスタ映えする容器を教えてもらったところ、「ビアジョッキ」(71.6%)が断トツの1位に。次いで「一般的なグラス」(22.6%)、「陶器のビアマグ(タンカード)」(17.0%)と続いた。
○宅飲み容器へのこだわりに年収で差

次に、自宅でどのくらいの頻度でビールを飲むのか聞いたところ「自宅でビールは飲まない」(23.6%)を除くと、「週1回」(13.8%)や「毎日」(12.2%)が多く、比較的多くの人が頻繁に自宅でビールを飲んでいることがわかった。

また、「自宅でお酒を飲む際に容器にこだわりがあるか」を聞くと、21.8%が「ある」という結果に。この結果を年収別にみると、年収200万未満の人は「こだわりがある」が20.1%だったのに対し、年収1,000万以上では40.0%とおよそ2倍となった。容器のこだわりについては、「できれば陶器のビアジョッキ」「ビールが泡立つグラス」「お酒の種類でグラスも分けています」「冷凍庫で冷やしたジョッキ」などが上がった。

あわせて読みたい

マイナビニュースの記事をもっと見る 2019年1月11日の社会記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

社会ニュースアクセスランキング

社会ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

国内の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

国内に起きた最新事件、社会問題などのニュースをお届け中。