『いだてん』“歌舞伎風”勘九郎の初登場シーン秘話、演出家が明かす

『いだてん』“歌舞伎風”勘九郎の初登場シーン秘話、演出家が明かす
宮藤官九郎のオリジナル脚本によるNHK大河ドラマ『いだてん~東京オリムピック噺(ばなし)~』(毎週日曜20:00~)の第2回が、きょう13日に放送される。第1回の平均視聴率は、昨年の『西郷どん』の初回平均15.4%を0.1ポイント上回る15.5%(関東地区、ビデオリサーチ調べ)と好スタートを切った。ドラマのチーフ演出を務めるディレクターの井上剛氏を直撃し、第1回の撮影秘話や、今後の見どころについて聞いた。

『いだてん』は、日本が初参加した1912年のストックホルム五輪から1964年の東京五輪までの知られざる歴史を、ユーモアを交えて描く意欲作。前半で主演を務める中村勘九郎が、日本でオリンピックに初参加したマラソン選手・金栗四三役を、中盤から主演をバトンタッチする阿部サダヲが、1964年の東京オリンピック招致に活躍した田畑政治役を演じる。第2回では、金栗四三の幼少期が描かれる。

井上ディレクターは、社会現象をも巻き起こした『あまちゃん』でもチーフ演出を手掛けていて、宮藤とは2度目のタッグとなった。

――第1回は、どんなことを意識されて演出されたのですか?

最初だから0話みたいなつもりで作りました。いろんなものをミックスした回だし、キャストの豪華さをこれでもかとひけらかしたいと思って頑張りました(笑)。ものすごい複雑な構成の話ですが、現代の人が観て「ああ、東京オリンピックがやってくるんだ」ということと、当時の人の気分を上手くつなげられたらいいなと思いました。...続きを読む

あわせて読みたい

気になるキーワード

マイナビニュースの記事をもっと見る 2019年1月13日の芸能総合記事
「『いだてん』“歌舞伎風”勘九郎の初登場シーン秘話、演出家が明かす」の みんなの反応 1
  • 匿名さん 通報

    今年度はパス、下手したら東京五輪もなくなるよ。

    1
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

次に読みたい関連記事「TVドラマ」のニュース

次に読みたい関連記事「TVドラマ」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「マッサン」のニュース

次に読みたい関連記事「マッサン」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「ミヤネ屋」のニュース

次に読みたい関連記事「ミヤネ屋」のニュースをもっと見る

新着トピックス

芸能総合ニュースアクセスランキング

芸能総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

芸能の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

話題の芸能人のゴシップや噂など最新芸能ゴシップをお届けします。俳優やタレントやアイドルグループなどの情報も充実。