真木よう子の”魔性”っぷりに男性陣メロメロ? 「寂しいな」おねだり

真木よう子の”魔性”っぷりに男性陣メロメロ? 「寂しいな」おねだり
テレビ東京系新ドラマBiz『よつば銀行 原島浩美がモノ申す! ~この女に賭けろ~』(1月21日スタート 毎週月曜22:00~)の会見が19日に同局で行われ、真木よう子丸山隆平(関ジャニ∞)、塚本高史、三宅弘城、柳葉敏郎が登場した。

同作は、作・周良貨、画・夢野一子により1993年から1997年にかけて『モーニング』(講談社)で連載された漫画『この女に賭けろ』を実写化。都市銀行で働く女性総合職の主人公が、大胆な発想と行動力で業績不振の支店の立て直し等を手掛け、上り詰める様子を描く。真木は、トラブルメーカーとされるが法人営業課長に大抜擢された原島浩美を演じる。

作中の決め台詞にかけて、「恐れながら申し上げたいこと」を言い合う場面では、真木が「演出家 小野様」「誰もが驚くカット掛けをどうか最後まで貫いて下さい」とおねだり。真木は大声で、演出家が声を枯らすほどだという「カーット!!」を再現する。そんな真木について、丸山は「貫き通してるのって、真木さんが原因ですよ。真木さんが『やめてしまうの寂しいな』って。そんなん言われたら男は頑張るじゃないですか! 魔性やわこの人」と恐れていた。

一方丸山は真木に「その眼差し、反則です!!」と"申し上げ"る。「毎話毎話、(演じる役の)加藤が原島浩美にお願いされるんですけど、お願いするときの目線が、すんごいの。吸引力とか、ブラックホールみたい」と主張。「加藤としても、この先この眼差しをずっと受けてたら、なんか芽生えてまうんちゃうかな? というくらい、毎カット毎カットドキドキしてしまってるので、週刊誌の方々気をつけてくださいね。あんまり追わないでください」と訴える。「加藤を通して、僕が惚れているかもしれない。でもあくまで役なのでね!」と弁解していた。

あわせて読みたい

気になるキーワード

  1. 真木よう子 ドラマ
  2. 真木よう子 事務所
  3. 真木よう子 映画
マイナビニュースの記事をもっと見る 2019年1月19日の芸能総合記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

「真木よう子 + ドラマ」のおすすめ記事

「真木よう子 + ドラマ」のおすすめ記事をもっと見る

「真木よう子 + 事務所」のおすすめ記事

「真木よう子 + 事務所」のおすすめ記事をもっと見る

次に読みたい関連記事「深田恭子」のニュース

次に読みたい関連記事「深田恭子」のニュースをもっと見る

新着トピックス

芸能総合ニュースアクセスランキング

芸能総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

芸能の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

話題の芸能人のゴシップや噂など最新芸能ゴシップをお届けします。俳優やタレントやアイドルグループなどの情報も充実。