水樹奈々、6年振りとなるオーケストラライブ「LIVE GRACE -OPUSⅢ-」開催

水樹奈々、6年振りとなるオーケストラライブ「LIVE GRACE -OPUSⅢ-」開催
声優、そしてアーティストとして活躍する水樹奈々が、2019年1月19日(土)・20日(日)にさいたまスーパーアリーナにて「NANA MIZUKI LIVE GRACE -OPUSⅢ-」を開催。2日間で約38,000人を動員した。

2013年1月に同会場で行われて以来、6年振り3度目となるオーケストラライブ。指揮には引き続き藤野浩一、コンサートマスターには室屋光一郎が、さらに今回が初共演となる東京フィルハーモニー交響楽団を迎え、コーラス隊や水樹のバックバンド・Cherry Boysを含め総勢152人が出演した珠玉のステージとなった。ここではDAY2の模様を紹介する。

開演時間になると、王宮を連想させるようなゴージャスな舞台にオーケストラとコーラス隊が続々と登場。会場内には自然と拍手が鳴り響き、同時に期待も一層高まっていく。

ライブの幕開けは、戴冠式をテーマにしたオープニングムービーから。オーボエの音色が美しいバレエ組曲「白鳥の湖」“情景”が演奏される中、宮殿で王冠を授かった水樹は、バレリーナの姿からロングドレスにマントを纏った女王に変身する。そして「Glorious Break」の荘厳なイントロと共に、映像と同じ衣装の水樹が肖像画から抜け出したかのようにステージ上空から勇ましく現れると、そのまま高さ12mをフライング。割れんばかりの歓声で迎えられた。

「全力でかかってこーい!!」とシャウトすると、続けざまに「VIRGIN CODE」を熱唱。開始早々から疾走感あふれるエネルギッシュな楽曲が繰り出され、観客のボルテージは一気にMAXに。

あわせて読みたい

気になるキーワード

マイナビニュースの記事をもっと見る 2019年1月20日のマンガ・アニメ記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

次に読みたい関連記事「蒼井翔太」のニュース

次に読みたい関連記事「蒼井翔太」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「宮野真守」のニュース

次に読みたい関連記事「宮野真守」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「緒方恵美」のニュース

次に読みたい関連記事「緒方恵美」のニュースをもっと見る

新着トピックス

マンガ・アニメニュースアクセスランキング

マンガ・アニメランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

トレンドの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

注目の最新アニメ情報、マンガ情報、人気声優情報などアニメファン必見のニュースをお届け中。