ティーピーリンク、11acで最大433Mbpsの超小型USB無線LAN子機

ティーピーリンク、11acで最大433Mbpsの超小型USB無線LAN子機
ティーピーリンクジャパンは1月31日、超小型のデュアルバンド無線LAN子機「Archer T2U Nano」を発表した。2月14日より発売する。店頭予想価格は1,500円前後(税込)の見込み。

5GHz帯のIEEE802.11ac/a/nと、2.4GHz帯のIEEE802.11b/g/nに対応。256QAMをサポートしており、2.4GHz帯での最大通信速度が200Mbps(理論値)に引き上げられている。5GHz時の通信速度は最大433Mbps(理論値)。Wi-Fiローミングにも対応するので、最適な接続先に素早く切り替えられる。

インタフェースはUSB 2.0。アンテナタイプは全方向型で、セキュリティはWPA2-PSK、WPA-PSK、WEP(64/128bit)に対応する。本体サイズはW15×D7.1×H18.6mm。対応OSはWindows XP / 7 / 8.1 / 10、Mac OS X 10.9以降。

あわせて読みたい

気になるキーワード

マイナビニュースの記事をもっと見る 2019年2月1日のIT記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

> 今日の主要ニュース > 国内の主要ニュース > 海外の主要ニュース > 芸能の主要ニュース > スポーツの主要ニュース > トレンドの主要ニュース > おもしろの主要ニュース > コラムの主要ニュース > インタビューの主要ニュース

ITニュースアクセスランキング

ITランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

トレンドの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

最新IT業界情報やiPhoneやAndroidやガジェット、話題のサービス、IoT情報、スタートアップにまつわるニュースをお届け中。