ほとんどの大人の金曜日は、漫画みたいにいかない。 第20回 本読み稽古から笑い連発! 舞台冒頭は東京03角田の超長セリフ

ほとんどの大人の金曜日は、漫画みたいにいかない。 第20回 本読み稽古から笑い連発! 舞台冒頭は東京03角田の超長セリフ
舞台『漫画みたいにいかない。第2巻』(2月東京公演、3月神戸公演)の顔合わせが1日、都内のスタジオで行われ、お笑いトリオ東京03の角田晃広、飯塚悟志、豊本明長、ダンス&ボーカルグループ・三代目 J SOUL BROTHERSの山下健二郎、女優の山本舞香というレギュラーキャストに加え、ゲストの俳優・上杉柊平欅坂46菅井友香、そして俳優・相島一之が勢ぞろい。さっそく台本が配られ、本読み稽古が行われた。

『漫画みたいにいかない。』は、放送作家のオークラ氏が脚本・監督を務め、全く売れない時代遅れの漫画家とその周りの人々の日常を描くコメディ。昨年4月の公演は、チケットが即完する人気で、日本テレビの川邊昭宏プロデューサーが「今時珍しい、2時間一幕ものというストレートプレイのコメディとなっております。作ってる僕らも楽しくてしょうがない作品です。第1弾はすごく好評だったので、とにかくこの第2弾は第1弾を必ず超えるものをとオークラさんにお願いしました(笑)」と言うと、オークラ氏は「プレッシャーがすごくて(笑)」と苦笑いした。

冒頭は、売れない漫画家・戸塚を演じる角田の超長セリフ。角田が、その量に驚きながら読み進んでいくと、これから起こる波乱を予感させるプロローグに、他のキャストや関係者たちが思わずニヤつく。

その後も、序盤からキャスト陣も笑ってしまうシーンが連発。コメディ舞台の大ベテラン・相島が手を叩いて笑うと、「

あわせて読みたい

気になるキーワード

  1. 東京03 15周年
  2. 東京03 コント
  3. 東京03 プロレス
マイナビニュースの記事をもっと見る 2019年2月15日の芸能総合記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

「東京03 + プロレス」のおすすめ記事

「東京03 + プロレス」のおすすめ記事をもっと見る

「東京03 + 15周年」のおすすめ記事

「東京03 + 15周年」のおすすめ記事をもっと見る

次に読みたい関連記事「とろサーモン」のニュース

次に読みたい関連記事「とろサーモン」のニュースをもっと見る

新着トピックス

芸能総合ニュースアクセスランキング

芸能総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

芸能の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

話題の芸能人のゴシップや噂など最新芸能ゴシップをお届けします。俳優やタレントやアイドルグループなどの情報も充実。