AIりんなと水族館デート! 「共感視覚モデル」でエモい会話を楽しむ

AIりんなと水族館デート! 「共感視覚モデル」でエモい会話を楽しむ
日本マイクロソフトは2019年2月13日、都内の水族館でソーシャルAI(人工知能チャットボット「りんな」の共感視覚モデルを体験する記者向けイベントを開催した。

まずは、りんなが昨年11月に新たに会得した「共感視覚モデル」を説明しよう。一般的な画像認識モデルは、道を親子が散歩している写真について「人」「子ども」「車」と実体をそのまま検知するものだが、共感視覚モデルは「家族でお散歩!」など、認識結果ではなく、感想をいうことができる。この共感視覚モデルでより”エモい”会話が可能になり、りんなはユーザーとの共感と、よりよいコミュニケーションの醸成を目指している。

今回は、共感視覚モデルを実装したりんなのアプリをインストールしたスマートフォン(以下、スマホ)を片手に、水族館の探索を行った。

○「感情」にフォーカスした共感視覚モデル

日本マイクロソフトは、AIが人の感情や想像力を模倣する手法としてEmotional Computing Frameworkの展開を推し進めているが、りんなが人に寄り添うためには、「人の五感に相当する機能を備えなければならない。今回は『見る』『話す』を実現した」(マイクロソフト ディベロップメント AI&Researchプログラムマネージャー 坪井一菜氏)と説明する。

今回実装した共感視覚モデルは、スマートフォン側で"1st Brain"と呼ばれる意思決定機構と、クラウド側で"Slow Brain"と呼ばれる画像に対する物体認識や視覚的な概念、感情に着眼する機構の、2つのAIを用意。...続きを読む

あわせて読みたい

気になるキーワード

マイナビニュースの記事をもっと見る 2019年2月13日のIT記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

次に読みたい関連記事「Google」のニュース

次に読みたい関連記事「Google」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「Apple」のニュース

次に読みたい関連記事「Apple」のニュースをもっと見る

新着トピックス

ITニュースアクセスランキング

ITランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

トレンドの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

最新IT業界情報やiPhoneやAndroidやガジェット、話題のサービス、IoT情報、スタートアップにまつわるニュースをお届け中。