藤井聡太七段が選んだローソンの"勝負スイーツ"とは?

藤井聡太七段が選んだローソンの"勝負スイーツ"とは?
ローソンは2月16日、昨年に引き続き、「第12回朝日杯将棋オープン戦」準決勝・決勝の出場棋士に、ローソンのオリジナル弁当やスイーツを提供する。

昨年の第11回大会は、当時中学生棋士の藤井聡太五段が、羽生善治竜王・広瀬章人八段を破って初優勝し、史上最年少で六段になるなど、話題を集めた対局となった。

今回もローソンが事前に複数のスイーツ、弁当やサラダを提案しその中から棋士たちに選んでもらったという。

選ばれたスイーツは、渡辺明棋王が「とろけるティラミス」(税込255円)、行方尚史八段が「まるごと苺クリーム大福」(税込165円)、藤井聡太七段が「濃深生チョコロールケーキ」(税込210円)、千田翔太六段が「生チョコのもっちりとしたどら焼き」(税込170円)。

お弁当やサラダでは、渡辺明棋王が「1/2日分の野菜が摂れるあんかけ焼そば」(税込498 円)、「ふんわり天津炒飯」(税込498円)、行方尚史八段が「これがからあげ弁当(塩・醤油ミックス)」(税込460円)、藤井聡太七段が「ふんわり天津炒飯」(税込498円)、「7種の彩り春雨サラダ」(税込298円)、千田翔太六段が「これが幕の内弁当」(税込550円)、「緑黄色野菜のサラダ」(税込330円)。

あわせて読みたい

気になるキーワード

マイナビニュースの記事をもっと見る 2019年2月15日の社会記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

次に読みたい関連記事「囲碁」のニュース

次に読みたい関連記事「囲碁」のニュースをもっと見る

新着トピックス

社会ニュースアクセスランキング

社会ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

国内の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

国内に起きた最新事件、社会問題などのニュースをお届け中。