「読者が選ぶビジネス書」のグランプリに選ばれた一冊は?

「読者が選ぶビジネス書」のグランプリに選ばれた一冊は?
今年で4回目となるビジネス書の年間アワード「読者が選ぶビジネス書グランプリ2019」の授賞式が2月19日、東京都・千代田区にて行われた。ビジネス書籍の要約サイト・アプリを運営するITベンチャーのフライヤーらが主催し、読者目線で選ばれた受賞作6作品が表彰された。

○世界的ベストセラーなど6作品が受賞

選考の対象は、2017年12月から2018年11月に日本国内で刊行された書籍で、1社につき5冊までエントリー可能となる出版社からのエントリー作品、さらにグロービス経営大学院とフライヤーからの推薦作品の計71冊。投票はビジネス書籍の要約サービス「フライヤー」の会員約30万人を中心とした読者によって行われた。

近年では出版不況が叫ばれるようになって久しいが、書籍の年間刊行数は平成元年の1.89倍となっており、ビジネス書に関しては年間6,000冊もの新刊が刊行されているという。アワードは「イノベーション部門」「マネジメント部門」「政治経済部門」「自己啓発部門」「リベラルアーツ部門」「ビジネス実務部門」の6部門で各1冊が受賞し、その中からグランプリ1冊が選ばれた。

栄えあるグランプリに輝いたのは世界的にもベストセラーとなっている書籍、政治経済部門のスコット・ギャロウェイ著『the four GAFA 四騎士が創り変えた世界』(東洋経済新報社)。ビジネス構造を一変させた「GAFA(Google、Apple、Facebook、Amazon)」の4社がさらなる未来図を描こうとする中で、GAFAから離れられなくなった今こそ知っておかなければならないことが書かれており、そこが多くの支持を得られたのではないかと分析されていた。

あわせて読みたい

マイナビニュースの記事をもっと見る 2019年2月21日の社会記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

社会ニュースアクセスランキング

社会ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

国内の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

国内に起きた最新事件、社会問題などのニュースをお届け中。