『いだてん』中村獅童、勘九郎との兄弟役に感慨 勘三郎と実父への思いも

『いだてん』中村獅童、勘九郎との兄弟役に感慨 勘三郎と実父への思いも
NHK大河ドラマ『いだてん~東京オリムピック噺(ばなし)~』(毎週日曜20:00~)の第8回「敵は幾万」が24日に放送される。1912年開催のストックホルム五輪大会に日本人として初参加することが決定した金栗四三(中村勘九郎)だが、なんと渡航費が実費! というまさかの展開に。そこで現れた救いの神が、兄・実次(中村獅童)だ。演じる中村獅童は、中村勘九郎と同じ歌舞伎俳で、2人が竹馬の友という間柄なため、実次役への思い入れは相当深かったようだ。

四三は実次に、藁をもすがる気持ちで資金援助の手紙を出していたが、待てど暮らせど、兄からの吉報は来ない。ある日、ようやく大金を携えて実次が上京してくる。実次によると、四三を思う春野スヤ(綾瀬はるか)の働きかけで資金を得られたとのこと。ところが、四三の壮行会が開かれる頃、スヤは熊本で嫁入りをすることに。果たして四三は、スヤへの思いを諦めてしまうのか?
○■勘三郎・勘九郎親子への思い

――四三の兄・実次役は、どんな思いで演じられましたか?

勘九郎さんとは、手の公演である新春浅草歌舞伎を10年近く一緒にやってきました。亡くなった勘三郎兄さんにも息子のようにかわいがっていただいたし、2人で一緒に怒られたりもしてきました。そんな勘九郎さんが、歌舞伎以外の大河ドラマに出演し、ましてや主役でとなった時、微力ながら自分も力になれたらと思ったし、勘三郎兄さんに対する思いもありました。しかも兄弟役をやらせていただけたことは、非常にありがたかったです。

あわせて読みたい

マイナビニュースの記事をもっと見る 2019年2月24日の芸能総合記事

\ みんなに教えてあげよう! /

「中村獅童 + 竹内結子」のおすすめ記事

「中村獅童 + 竹内結子」のおすすめ記事をもっと見る

「中村獅童 + Instagram」のおすすめ記事

「中村獅童 + Instagram」のおすすめ記事をもっと見る

次に読みたい関連記事「吉田鋼太郎」のニュース

次に読みたい関連記事「吉田鋼太郎」のニュースをもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

芸能総合ニュースアクセスランキング

芸能総合ランキングをもっと見る

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

話題の芸能人のゴシップや噂など最新芸能ゴシップをお届けします。俳優やタレントやアイドルグループなどの情報も充実。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。