OKI、プリント基板製造に2億円の設備投資 - 大型混載実装SMTラインを導入

OKI、プリント基板製造に2億円の設備投資 - 大型混載実装SMTラインを導入
OKIのEMS事業本部は、同社本庄工場に2億円を投じ、新たなプリント基板製造ライン「大型高密度SMTライン」を2019年2月より稼動させた。国内で高品質プリント基板の製造能力を強める背景はどこにあるのか、実際に新造された生産ラインを取材した。

○高品質・高信頼性を武器に事業を拡大

同社の本庄工場はもともと情報通信機器の製造を担う拠点として位置づけられ、品質や信頼性が求められる電話機や交換機などの生産を担ってきた。そのため2002年にEMS(設計・生産受託サービス)事業が立ち上げられて以降も、そうした高品質・高信頼性が求められる分野を中心に事業を拡大。現在では、産業機器、計測機器、医療機器などの分野からの受託製造を請け負うほか、近年ではエレクトロニクス化が進む自動車分野や航空宇宙分野などからも声がかかるようになってきたという。

また、OKI本体のみならず各種関連企業とも連携しており、設計からプリント基板設計、実装、装置組み立て、そして依頼主ではなく、その出荷先のエンドユーザーへのダイレクト配送まで、トータルサービスとして提供できるほか、海外の製品を輸入して、検査などを行って、それをエンドユーザーに届けるステージングサービスなど幅広いサービスを提供するに至っている。
○なぜこのタイミングで設備投資を行ったのか

こうした事業の拡大の一環として、今回同社は大型高密度SMTラインを導入したわけだが、その背景としては、

あわせて読みたい

マイナビニュースの記事をもっと見る 2019年2月27日のIT記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ITニュースアクセスランキング

ITランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

トレンドの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

最新IT業界情報やiPhoneやAndroidやガジェット、話題のサービス、IoT情報、スタートアップにまつわるニュースをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら