第36回 IHSディスプレイ産業フォーラム 第3回 ディスプレイ部材 - 偏光板とCOFが供給不足に

第36回 IHSディスプレイ産業フォーラム 第3回 ディスプレイ部材 - 偏光板とCOFが供給不足に
液晶ディスプレイの部材市場動向については、IHS Markitのディスプレイ部門シニアアナリストである宇野匡氏が講演を行った。

市場の概観だが、「部材は面積依存の材料が多く、液晶テレビがディスプレイ面積の70%を占めるため、液晶テレビの市場の動きが部材事業にもっとも影響を及ぼす要因となる。液晶テレビの最新の市場予測では、2018年に数量が増加したあと、減少していくものとの予測となっているが、パネル面積については2019年は前年比で約7%の成長予測となっており、画面サイズが平均2インチ以上大きくなるものと見ている。この平均画面サイズの大型化が数量の減少を補ううえに出荷面積を押し上げる要因となるだろう」と同氏は説明する。

画面の大型化を牽引している背景には、G10.5ラインが増加し、65型パネルが増産されていることにあるようだ。しかし、その平均画面サイズの成長も2020年以降に飽和するものと予測されている。現時点で、G10.5以上の大型ライン向け投資は計画されておらず、2020年以降は、出荷面積でも飽和を迎えることが予測されるともしている。

ただし、そうした市場環境にありながらも偏光板ならびにCOF(Chip on Film:ドライバICをフィルム状の配線回路基板に実装する技術)部材が不足する可能性が高いという。COFは、スマホのフルスクリーン化に加え、PC用モニターやテレビのスリムベゼル(狭額縁)化によって需要が急増しており、不足感が強いためだ。また、テレビの大画面化などに伴い、偏光板も不足気味になっているという。

あわせて読みたい

マイナビニュースの記事をもっと見る 2019年2月28日のIT記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

ITニュースアクセスランキング

ITランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

トレンドの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

最新IT業界情報やiPhoneやAndroidやガジェット、話題のサービス、IoT情報、スタートアップにまつわるニュースをお届け中。