目のストレスを感じるビジネスパーソンが業務中に行うアイケアとは?

目のストレスを感じるビジネスパーソンが業務中に行うアイケアとは?
メガネショップ「アイメガネ」を展開するアイジャパンはこのほど、「目のストレス」に関する調査結果を明らかにした。同調査は2月14日~19日、全国のビジネスパーソン男女500名を対象にインターネットで実施したもの。

業務中に目のストレス(眼精疲労など)を感じることはあるか尋ねたところ、85.4%が「とても感じる」または「どちらかというと感じる」と答えた。

目のストレスを感じる時間帯について聞くと、「15時~16時台」(30.0%)、「17時~18時台」(25.1%)が多かった。半数以上のビジネスパーソンが「15時~18時台」に目のストレスを感じていることがわかった。

目のストレスにより業務効率が低下したと感じることはあるか尋ねると、56.4%が「時々ある」、15.9%が「頻繁にある」と答えた。合わせると7割以上のビジネスパーソンが、目のストレスが原因で業務効率が低下したと感じていることがわかった。

業務中に目のケアをすることはあるか尋ねたところ、34.0%が「ケアしている」と答えた。

具体的に業務中どのような目のケアをしているか聞くと、「目薬」(82.4%)が最も多く、「目を閉じて休める」(44.7%)、「マッサージ」(41.2%)と続いた。

目の「調節力」とは何か知っているか尋ねると、71.6%が「知らない」と答えた。自身の目の「調節力」を知りたいと思うか聞いたところ、80.3%が「とても知りたい」「どちらかというと知りたい」と答えた。

あわせて読みたい

マイナビニュースの記事をもっと見る 2019年3月6日の社会記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

社会ニュースアクセスランキング

社会ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

国内の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

国内に起きた最新事件、社会問題などのニュースをお届け中。