倉本聰、『やすらぎ』執筆は「ハニートラップに…」

倉本聰、『やすらぎ』執筆は「ハニートラップに…」
脚本家の倉本聰氏が13日、東京・白金台の八芳園で行われたテレビ朝日系ドラマ『やすらぎの刻~道』(4月8日スタート、毎週月曜~金曜 12:30~)の制作発表記者会見に出席し、今作の脚本を執筆した経緯を説明した。

脚本を担当していた前作『やすらぎの郷』が終了した際、同局の(早河洋)会長から会食に誘われたという倉本氏。「慰労してくれるのか」と期待しながら高級焼肉店へ訪れたところ、食事の席で続編の話を切り出されたことを明かした。

その時の心境を「ハニートラップに引っかかったような感じ」と洒落っ気たっぷりに表現し、「熟成された肉の美味しさに負けて、ぼんやりと引き受けてしまいました」と回想した。

なお、『やすらぎの郷』は2017年4月~9月と半年間の放送だったのに対し、今回の『やすらぎの刻~道』は1年間の長丁場。倉本氏は「1年間というのは、長いシナリオライター生活で初めて」と語り、「身体が持つだろうか」と心配していたという。そして、執筆途中で体調を崩し、そのまま入院生活を送っていたことを明らかにした。

それでも身体を回復させた後、再び執筆に励んだとのことで、「ちょうど10月10日で仕上げまして。わりと安産だったんですけれども」とジョークも。さらに、脚本について「続編があるなんて思っていませんでしたから、前作で登場人物をバリバリ殺しちゃったんですよ。だから困っちゃいましたね」とエピソードを語っていた。

この会見には、風吹ジュン、清野菜名橋爪功風間俊介石坂浩二浅丘ルリ子いしだあゆみ板谷由夏、大空眞弓、丘みつ子加賀まりこ上條恒彦草刈民代笹野高史、ジェリー藤尾、名高達男、藤竜也松原智恵子水野久美、ミッキー・カーチス、山本圭も登壇した。

あわせて読みたい

マイナビニュースの記事をもっと見る 2019年3月13日の芸能総合記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

芸能総合ニュースアクセスランキング

芸能総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

芸能の人気のキーワード一覧

このカテゴリーについて

話題の芸能人のゴシップや噂など最新芸能ゴシップをお届けします。俳優やタレントやアイドルグループなどの情報も充実。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら