志尊淳、オールヌード初挑戦ドラマが国際ドラマ賞にノミネート

志尊淳、オールヌード初挑戦ドラマが国際ドラマ賞にノミネート
俳優の志尊淳が主演する6話連続ドラマ『潤一』(カンテレで7月放送、配信も予定)が、4月に開催される国際ドラマアワード・カンヌシリーズに日本の作品として初めてノミネートされたことが13日(仏時間)、発表された。

このドラマは、直木賞作家・井上荒野氏の同名連続短編集をドラマ化するもの。女性たちを瞬時に魅了するミステリアスな青年・潤一(志尊)と、様々な背景を持った16歳から62歳までの女性たちとの刹那の愛を描いていく。

志尊は今作で“気まぐれな不良”をエロティックに演じ、本作で初のベッドシーン・オールヌードに挑戦。潤一と一瞬出会って、そして別れていく孤独な女たちを演じる女優陣には、藤井美菜、夏帆江口のりこ蒔田彩珠伊藤万理華、原田美枝子が名を連ねる。

「本能的な感情にウソをつかず、人の心の隙間に入っていく“潤一”。そんな“潤一”を素晴らしいスタッフ・キャストの皆さんと探し、体現でき、0から作ることができたこの作品は自分の財産です」という志尊。今回のノミネートには「うれしい気持ちと夢のような気持ちでいっぱいです。国内外問わずたくさんの人に“潤一”をお届けできるよう頑張ります」と意気込んだ。

制作者集団・分福が企画し、『あゝ、荒野』『愛しのアイリーン』『新聞記者』(6月公開予定)など話題作を制作し続けるスターサンズがプロデュース、監督は分福に所属する北原栄治氏と広瀬奈々子氏、脚本は同じく分福の砂田麻美氏が担当する。

北原監督は「得体の知れない魅力をもった潤一という非常に難しい役を演じてくれた志尊淳さんのプロフェッショナルな仕事ぶりには、本当に感心しました」と語っている。

カンヌシリーズは、2018年からスタートした連続ドラマを対象とする国際的ドラマの祭典。世界中から応募されたドラマ作品の中から選ばれた作品が、4月にカンヌで開催される「カンヌシリーズ」でノミネート作品として上映され、その中から作品賞・主演賞・脚本賞・音楽賞・特別賞が選出される。

あわせて読みたい

気になるキーワード

  1. 志尊淳 MV
  2. 志尊淳 ドラマ
  3. 志尊淳 写真集
マイナビニュースの記事をもっと見る 2019年3月14日の芸能総合記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

「志尊淳 + 映画」のおすすめ記事

「志尊淳 + 映画」のおすすめ記事をもっと見る

「志尊淳 + ドラマ」のおすすめ記事

「志尊淳 + ドラマ」のおすすめ記事をもっと見る

次に読みたい関連記事「広瀬アリス」のニュース

次に読みたい関連記事「広瀬アリス」のニュースをもっと見る

新着トピックス

芸能総合ニュースアクセスランキング

芸能総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

芸能の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

話題の芸能人のゴシップや噂など最新芸能ゴシップをお届けします。俳優やタレントやアイドルグループなどの情報も充実。