Appleが「WWDC19」開催を発表、iOSやmacOSの次期バージョンが明らかに

Appleが「WWDC19」開催を発表、iOSやmacOSの次期バージョンが明らかに
Appleは3月14日 (現地時間)、開発者カンファレンス「ワールドワイドデベロッパカンファレンス (WWDC) 2019」の開催予定を発表した。期間は6月3日~7日、会場は昨年と同じカリフォルニア州サンノゼのMcEnery Convention Centerだ。

毎年定員を大幅に超える参加申し込みがあるため、参加チケットは3月14日から3月20日午後5時 (日本時間: 3月21日午前9時)までの間にWWDCのWebサイトで申し込んだ希望者の中から抽選して販売する。抽選結果は、3月21日午後5時 (日本時間: 3月22日の午前9時)までに知らせる予定。チケットの価格は1,599USドル。WWDCに参加すると、世界中のデベロッパと交流を深められ、またAppleのエンジニアから直接サポートを得られる。Appleの製品・サービスに関わる開発者やクリエイターにとって、密度の濃い体験を得られる貴重な場になっている。しかし、参加できる人は限られるため、参加できない人達もカンファレンスのセッションを体験できるように、Appleは同社の開発者向けサイトを通じて各種セッションをライブ配信する。

WWDC19は基調講演でスタートし、5日間の期間中に100を超える技術セッション、ハンズオンラボ、コンサルテーション、ゲスト講演などが予定されている。例年通りだと、基調講演で秋に正式版をリリースするiOS、macOS、watchOS、tvOSの次期メジャーバージョンを発表、終了後に開発者向けプレビュー版の提供を開始する。

あわせて読みたい

気になるキーワード

マイナビニュースの記事をもっと見る 2019年3月15日のIT記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

次に読みたい関連記事「Apple」のニュース

次に読みたい関連記事「Apple」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「Google」のニュース

次に読みたい関連記事「Google」のニュースをもっと見る

新着トピックス

ITニュースアクセスランキング

ITランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

トレンドの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

最新IT業界情報やiPhoneやAndroidやガジェット、話題のサービス、IoT情報、スタートアップにまつわるニュースをお届け中。