菊池桃子&勝村政信、拉致被害・横田夫妻を演じる「不安でした」

菊池桃子&勝村政信、拉致被害・横田夫妻を演じる「不安でした」
女優の菊池桃子と俳優の勝村政信が、フジテレビのドキュメンタリードラマ『独占取材 北朝鮮拉致 前略 めぐみちゃんへ~横田夫妻、最後の戦い~』(30日15:30~17:30)で、拉致被害者・横田めぐみさんの両親である横田早紀江さん・滋さん夫妻を演じる。

この番組は、フジテレビに残された2,000本以上に及ぶ横田夫妻のVTR、さらに新たな取材を元にドキュメンタリードラマでふたりの戦いを初めて描くもの。早紀江さんの20代から現在までを演じきった菊池は「実は強いわけではない“普通のお母さん”である早紀江さんをしっかり伝えたい」と意気込みを語る。

去年4月から入院生活が続き、テレビでその姿を見なくなった横田滋さんは現在86歳。入院直前まで番組のカメラはその姿を追い続けていた。集会でなかなか言葉が出ずに詰まってしまう場面、会見で絞り出すようにめぐみさんの名を呼ぶ場面、靴の脱ぎ履きも含め日常生活の全てを早紀江さんがサポートする場面など、いつも笑顔を絶やさず精力的に活動してきた滋さんに忍び寄る「老い」を取材。滋さんは今も、めぐみさんから拉致の前日にプレゼントされたくしや、めぐみさんの写真を病室に置いて、めぐみさんの帰りを待っているという。

1997年、大阪・堺には、拉致問題解決への署名活動を行う、若き横田夫妻の姿があった。社会の関心はまだ薄く、素通りされ続け、心ない人に配っていたチラシを叩き落とされる。しかし、それを再び拾い、声を上げ続けた2人。政府の対応が生ぬるいと首相官邸前で熱波の中、体力の限界まで座り込みを続けたこともある。2002年に拉致被害者が帰国した際も、ニュースで何度も報じられた映像とは別に、横田夫妻がどのように家族らと接してきたのか、素材をあらゆる角度から見つめ、ふたりの行動をひも解いていく。

あわせて読みたい

気になるキーワード

マイナビニュースの記事をもっと見る 2019年3月16日の芸能総合記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

次に読みたい関連記事「真木よう子」のニュース

次に読みたい関連記事「真木よう子」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「田中れいな」のニュース

次に読みたい関連記事「田中れいな」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「常盤貴子」のニュース

次に読みたい関連記事「常盤貴子」のニュースをもっと見る

新着トピックス

芸能総合ニュースアクセスランキング

芸能総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

芸能の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

話題の芸能人のゴシップや噂など最新芸能ゴシップをお届けします。俳優やタレントやアイドルグループなどの情報も充実。