iMac Retinaモデル一新の裏で12万円台のフルHD搭載iMacが継続販売

iMac Retinaモデル一新の裏で12万円台のフルHD搭載iMacが継続販売
Appleから、第9世代Intel Coreプロセッサを搭載したディスプレイ一体型PC「iMac」新モデルが登場した。ついにiMacのラインナップも一新と思いきや、21.5インチのフルHDディスプレイ (1,920×1,080)搭載モデルが継続販売されている。

今回ラインナップを一新したのは、iMacのなかでもRetinaディスプレイを搭載したモデルだ。iMac標準構成の新ラインナップは、21.5インチ Retina 4Kディスプレイが2機種、27インチのRetina 5Kディスプレイ搭載モデルが3機種。これに加えて、21.5インチ フルHDディスプレイ搭載iMacが継続販売モデルとして残っている。

21.5インチ フルHDディスプレイ搭載iMacは、プロセッサに第7世代Intel Core i5を搭載。メモリは最大16GB、ストレージは最大256GB SSDと、性能面では新しくなったRetina搭載iMacに負けるが、インタフェースはほぼ同等のものを備えているのが嬉しいポイント。価格はラインナップ中で最も安い120,800円(税別)で、これまでの販売価格と変わりない(特に安くなったりはしていない)が、“手が届きやすいiMac”の立ち位置は健在となっている。

あわせて読みたい

気になるキーワード

マイナビニュースの記事をもっと見る 2019年3月20日のIT記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

次に読みたい関連記事「Apple」のニュース

次に読みたい関連記事「Apple」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「Google」のニュース

次に読みたい関連記事「Google」のニュースをもっと見る

新着トピックス

ITニュースアクセスランキング

ITランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

トレンドの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

最新IT業界情報やiPhoneやAndroidやガジェット、話題のサービス、IoT情報、スタートアップにまつわるニュースをお届け中。