立ち食いそば散歩 第149回 蒲田「しぶそば」で、老舗の趣を感じながらすする「いかげそのかき揚げそば」

立ち食いそば散歩 第149回 蒲田「しぶそば」で、老舗の趣を感じながらすする「いかげそのかき揚げそば」
今回は、蒲田の「しぶそば」をご案内したい。「しぶそば」は、主に東急沿線沿いに展開する立ち食いそばチェーンのひとつで、二子玉川や大井町、武蔵小杉、中央林間などにも店舗がある。本店は「本家しぶそば」として、渋谷に店を構えており、連載でもご紹介済みである。

この蒲田店は、公式サイトによれば、昨年50周年をむかえた歴史ある立ち食いそば店であるとのこと。東急線ホーム内にあるので、利用客でなければ少々立ち寄りづらい。かくいう自分も、五反田駅で東急池上線に乗り換え、終点まで揺られて向かった。
○老舗ながら明るく清潔感がある店内

店は横に広く、もちろん何度か改装されていると思われるが、明るく清潔感があり、老若男女立ち寄りやすい雰囲気だ。開け放たれた出入口と短いのれんで、混雑状況がひとめでわかるのもよい。左右両側に券売機があり、交通系ICカードの決済が可能。表には「姫川筍と菜の花天そば」なる、なんとも素敵な響きのそばがポスターになっていたが、こちらは春の季節限定メニューと思われる。こちらも捨てがたかったが、もうひとつ写真付きでおすすめされていた「いかげそのかき揚げそば」(420円)をセレクトした。

店内は厨房に向かって、立ち食いカウンターが横いっぱいに広がっている。午前中だったが、先客は3名。その後も一人出ては、また一人と、入れ替わり客足が絶えない人気店の様子。後から入ってきた若いサラリーマン風の男性が、店員さんに「普通のかき揚げってありますか?」と尋ねると「全部いかげそです」との回答。なるほど、自信が窺える。

あわせて読みたい

マイナビニュースの記事をもっと見る 2019年4月1日の社会記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

社会ニュースアクセスランキング

社会ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

国内の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

国内に起きた最新事件、社会問題などのニュースをお届け中。