東急電鉄、新型車両含む目黒線26編成を8両化 - 2022年度上期から

東急電鉄、新型車両含む目黒線26編成を8両化 - 2022年度上期から
東京急行電鉄は26日、同社が保有する目黒線の車両を6両編成から8両編成に順次変更すると発表した。新型車両3020系(3編成)も含む全26編成を対象に、2022年度上期から8両編成化を進め、2022年度下期の東急新横浜線開業までに完了を予定している。

東急目黒線は東京メトロ南北線・都営三田線と相互直通運転を行い、2008(平成20)年6月に日吉駅まで延伸。現在は目黒~日吉間で急行運転も実施しており、利便性向上により利用者も増えているという。田園調布~日吉間で東横線と並走し、日吉駅で横浜市営地下鉄グリーンラインと接続するほか、2022年度下期には東急新横浜線が開業し、東急線・相鉄線の相互直通運転が行われる予定となっている。

今回の発表によれば、目黒線の混雑緩和と利便性向上を目的に、2022年度上期から東急電鉄が保有する車両を6両編成から8両編成に順次変更し、輸送力の増強を行うという。同社保有の車両は現在、計23編成あり、2019年秋に新型車両3020系が6両編成で運行開始し、3編成を導入する予定。2022年度上期からの8両編成化は新型車両3020系を含む計26編成を対象とし、2022年度下期(予定)の東急新横浜線開業までに完了予定としている。

輸送力増強の効果として、現行ダイヤ(3月16日改正)で想定した場合、「朝ラッシュピーク時(7:50~8:50)1時間あたり、不動前駅~目黒駅間(上り方向)で約21,000人から約24,000人と約13%増加する見込みです」と東急電鉄。ピーク時に不動前~目黒間(上り方向)で運行される列車24本のうち、9本が同社保有の車両で運行されている。この9本をすべて8両編成にした場合、約2万4,000人の輸送力になると同社は説明する。

あわせて読みたい

マイナビニュースの記事をもっと見る 2019年3月26日の社会記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

社会ニュースアクセスランキング

社会ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

国内の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

国内に起きた最新事件、社会問題などのニュースをお届け中。