『砂の器』“非常に危険”なリメイクに今挑む意味とは…河毛監督に聞く

『砂の器』“非常に危険”なリメイクに今挑む意味とは…河毛監督に聞く
●中島健人が見せる“危うさ”と“狂気”
フジテレビ開局60周年特別企画として、俳優・東山紀之主演のスペシャルドラマ『砂の器』が、きょう28日(19:57~22:54)に放送される。松本清張の長編推理小説を原作に、74年には映画化、記憶に新しいところでは04年にTBSで中居正広主演の連続ドラマが放送されるなど、過去複数回に渡って映像化されてきた“古典的作品”だ。今回は長い間多くの人たちに愛されてきたこの名作を、原作の戦前戦後から現代に置き換えてリメイクするという挑戦作になっている。

この作品の演出を務めるのは、フジテレビ・エグゼクティブディレクターの河毛俊作監督。“月9”の初期作でトレンディドラマの先駆けともなった陣内孝則主演『君の瞳をタイホする!』や、浅野温子&浅野ゆう子のW浅野主演『抱きしめたい!』(ともに88年)、90年代では『沙粧妙子-最後の事件-』(95年)や、『ギフト』(97年)、『きらきらひかる』(98年)など社会派の名作も数多く手掛けてきた河毛監督に「テレビ視聴しつ」の室長であり、自称・テレビドラマの作り手に精通しているドラママニアが、今作にかけるこだわりや演出の秘密、そして、フジテレビが開局60周年を迎え平成も終わりに近づいている今、今後のテレビドラマに対する思いなどを聞いた――。

○■原作・映画版で描かれなかった部分

――何度も映像化されている『砂の器』ですが、この作品を担当することになった感想はいかがでしたか?

あわせて読みたい

気になるキーワード

  1. 中島健人 ファン
  2. 中島健人 映画
マイナビニュースの記事をもっと見る 2019年3月28日の芸能総合記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

「中島健人 + 映画」のおすすめ記事

「中島健人 + 映画」のおすすめ記事をもっと見る

「中島健人 + ファン」のおすすめ記事

「中島健人 + ファン」のおすすめ記事をもっと見る

次に読みたい関連記事「土屋太鳳」のニュース

次に読みたい関連記事「土屋太鳳」のニュースをもっと見る

新着トピックス

芸能総合ニュースアクセスランキング

芸能総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

芸能の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

話題の芸能人のゴシップや噂など最新芸能ゴシップをお届けします。俳優やタレントやアイドルグループなどの情報も充実。