『めざましテレビ』25年の変化と伝統 CPが語る視聴率トップ奪還の背景

『めざましテレビ』25年の変化と伝統 CPが語る視聴率トップ奪還の背景
●「スベらない」永島優美アナ
1994年4月1日にスタートしたフジテレビ系情報番組『めざましテレビ』(毎週月~金曜 5:25~)が、きょう1日の放送で25周年を迎える。スタート当初は『ズームイン!!朝!』(日本テレビ)一強の中、エンタメ情報にも注力するという新基軸を打ち出し、徐々に支持を広げて裏番組にも大きな影響を与えた。

激しい視聴率競争の中で民放横並びトップに立った後、王座を明け渡した時期もあったが、2018年の同時間帯年間平均視聴率(6:10~8:00/第2部、ビデオリサーチ調べ・関東地区)は9.1%で1位を奪還し、再び息を吹き返した同番組。ゴールデン・プライム帯では苦戦の続くフジにおいて、長年にわたって支持を受ける背景を、渡邊貴チーフプロデューサーに聞いた――。

○■情報量の増加に対応

4年ぶりの民放同時間帯横並びトップなった背景について、渡邊CPは「以前は朝の番組でつらいニュースや事件はあまり見られなかったんですけど、今では情報量がすごく求められるようになったんです。そこで、話題のニュースをできるだけ盛り込めるように、企画もののコーナーを少し減らしながら、ニーズに対応したこともあると思います」と分析する。

一方で、16年4月からメインキャスターを務める永島優美アナウンサーの成長も見逃せない。「就任当初はまだ新人だし、(前任の)加藤(綾子)が卒業するのに合わせてポーンとメインに入ってきた感じがあったので、朝の顔が急に変わるというのは、視聴者からすると多少抵抗もあったと思うんです。でもそれから、彼女が吹っ切れて自分を出していくようになったんですよ。『朝は笑顔でいなきゃいけない』と思って発するコメントから、『本当に楽しい!』と心からの笑顔で発するコメントに変わった時期があって、そのあたりから番組に勢いが出てきました」という。朝の番組は1回のネタの強さだけでなく、日常的に見られるかの習慣が視聴率を左右することから、毎日登場するキャスターの影響は大きいのだ。

あわせて読みたい

気になるキーワード

マイナビニュースの記事をもっと見る 2019年4月1日の芸能総合記事
「『めざましテレビ』25年の変化と伝統 CPが語る視聴率トップ奪還の背景」の みんなの反応 1
  • 匿名さん 通報

    永島はいらない。

    0
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

次に読みたい関連記事「テレビ朝日」のニュース

次に読みたい関連記事「テレビ朝日」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「視聴率」のニュース

次に読みたい関連記事「視聴率」のニュースをもっと見る

新着トピックス

芸能総合ニュースアクセスランキング

芸能総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

芸能の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

話題の芸能人のゴシップや噂など最新芸能ゴシップをお届けします。俳優やタレントやアイドルグループなどの情報も充実。