2019冬ドラマ20作をガチ採点! 『3年A組』テレビ業界に残した功績とは

2019冬ドラマ20作をガチ採点! 『3年A組』テレビ業界に残した功績とは
●「フルスイング」の『3年A組』
3月29日深夜放送の『フルーツ宅配便』(テレビ東京系)を最後に、2019年の幕開けを飾る冬ドラマがほぼ終了した。

全話平均視聴率では、『刑事ゼロ』(テレビ朝日系)が11.6%、『3年A組 -今から皆さんは、人質です-』『家売るオンナの逆襲』(ともに日本テレビ系)が11.5%、『トレース~科捜研の男~』(フジテレビ系)が10.8%、『ハケン占い師アタル』(テレ朝系)が10.6%、『メゾン・ド・ポリス』(TBS系)が10.3%と、ズバ抜けたヒットはないものの6作が2桁を記録。さらに『3年A組』は、視聴率以上に大きな反響を集め、今冬最大の話題作となった。

ここでは「学園ドラマは死なず!」「進む事件ドラマの予定調和化」という2つのポイントから冬ドラマを検証し、全20作を振り返っていく。今回も「視聴率や俳優の人気は無視」「テレビ局や芸能事務所への忖度ゼロ」のドラマ解説者・木村隆志がガチ解説する。

※ドラマの結末などネタバレを含んだ内容です。これから視聴予定の方はご注意ください。

○ポイント1:学園ドラマは死なず!

プライムタイムの約半数が視聴率獲得の面で失敗の少ない事件ドラマとなる中、『3年A組』の存在は、それだけで異質だった。

「教師が生徒を監禁する」という過激な設定である上に、原作なしのオリジナルで、次の展開が気になる連続のあるストーリー。さらに、「SNSでの暴言を思いとどまらせる」「顔の見えない人の痛みや周囲への影響を考えよう」という身につまされるメッセージも含め、若年層にとっては「こんなドラマは見たことがない」という刺激的かつ希少価値の高い作品となった。

あわせて読みたい

気になるキーワード

マイナビニュースの記事をもっと見る 2019年4月2日の芸能総合記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

次に読みたい関連記事「視聴率」のニュース

次に読みたい関連記事「視聴率」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「テレビ朝日」のニュース

次に読みたい関連記事「テレビ朝日」のニュースをもっと見る

新着トピックス

芸能総合ニュースアクセスランキング

芸能総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

芸能の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

話題の芸能人のゴシップや噂など最新芸能ゴシップをお届けします。俳優やタレントやアイドルグループなどの情報も充実。