『痛快!明石家電視台』間寛平&村上ショージが見たさんまの「優しさ」

『痛快!明石家電視台』間寛平&村上ショージが見たさんまの「優しさ」
●初期に起こったありえない“奇跡”
2019年4月30日に幕を下ろす「平成」。マイナビニュースでは、「平成」の中で生み出されたエンタメの軌跡をさまざまなテーマからたどる。この「平成を駆け抜けた番組たち」は、平成の幕開けと同じ時期にスタートし、現在まで30年にわたって続く番組をピックアップ。そのキーマンのインタビューを通して、番組の人気の秘密を探っていく。

第13回は、平成2(1990)年4月にスタートし、30年目に突入したMBSのバラエティ番組『痛快!明石家電視台』(毎週月曜23:56~)。初回からレギュラー出演している間寛平と村上ショージに、これまでの番組の歩みとともに数々の思い出や事件、そして司会の明石家さんまについて、2人ならではの目線で語り合ってもらった――。

○■「借金返さなあかんやろ」でレギュラーに

――最初はスポーツトークバラエティとしてスタートした『痛快!明石家電視台』ですが、番組開始時からショージさんは視聴者にご自身を貸し出す「レンタルショージ君」のコーナー、寛平さんは商品を掛けてサイコロを振る「花と蝶」のコーナーに“壺振りお寛”として出演されていたんですよね。

ショージ:当時は仕事もないですし、さんまさんとずっと遊んでました。さんまさんが大阪に帰ってきたら、ジミー(大西)や(Mr.)オクレさんと一緒に、いかにうまいこと横におってタダでメシを食べさせてもらえるかということしか考えてなくて(笑)。その延長ですよね。それで『ヤングタウン』(MBS)という、今もやってるラジオに出してもらったりというつながりが今も続いてる感じです。...続きを読む

あわせて読みたい

気になるキーワード

マイナビニュースの記事をもっと見る 2019年4月8日の芸能総合記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

次に読みたい関連記事「小籔千豊」のニュース

次に読みたい関連記事「小籔千豊」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「くまだまさし」のニュース

次に読みたい関連記事「くまだまさし」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「レイザーラモンRG」のニュース

次に読みたい関連記事「レイザーラモンRG」のニュースをもっと見る

新着トピックス

芸能総合ニュースアクセスランキング

芸能総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

芸能の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

話題の芸能人のゴシップや噂など最新芸能ゴシップをお届けします。俳優やタレントやアイドルグループなどの情報も充実。