島崎遥香、最上階なのに天井から足音が聞こえ「ゾッとしました」

島崎遥香、最上階なのに天井から足音が聞こえ「ゾッとしました」
4月12日よりWOWOWプライムでスタートするドラマ『東京二十三区女』(毎週金曜 24:00~ 全6話※第1話は無料放送)のトークイベントが5日、東京・赤坂の同局で行われ、島崎遥香岡山天音、長江俊和監督が出席した。

小説家でもある長江俊和が自身の原作『東京二十三区女』を自らドラマ化した同ドラマは、大都市・東京の裏側に秘められている数多くの恐怖の物語をテーマにしたWOWOW初のホラーミステリー。倉科カナ安達祐実桜庭ななみ壇蜜中山美穂、島崎遥香といった豪華女優陣が各話の主演を務め、東京に実在する恐怖スポットへと足を踏み入れていく。

東京23区在住の女性23人を招いて行われたこの日のイベントに、全話に登場するフリーライター・璃々子役の島崎遥香、璃々子と共に東京23区を巡る民俗学講師で璃々子の先輩である島野仁役の岡山天音、原作・脚本・監督を務めた長江俊和が登壇。島崎は「今回は東京を歩きながら、その場所その場所で監督が作ったものの説明を聞きました。ここにはこういうことがあってと聞きながら撮影していたので、撮影中何かが起きるんじゃないかと思って本当に怖かったですね」と撮影中は常に恐怖と対峙していたという。

一方の岡山は自身に霊感がないそうで、「こんなに説明セリフがある役は演じたことがなかったので、普段使っていない脳みそを使ってやっているみたいな感じでしたね。セリフが出てこない方が怖かったです(笑)」と振り返った。また、撮影中に訪れた板橋の縁切榎でのエピソードとして島崎が「そこに来て(絵馬に願いを)書いていた方が私に握手を求めてきたんです。どういう気持ちで握手をしたらいいのかと複雑でした(笑)」と明かした。

ホラーミステリードラマということで、これまでに実際に体験した恐怖体験を問われた島崎は「霊感は全くないんですけど、違う作品で地方のホテルに泊まり込みで撮影していた時に、天井からすごい足音がしたんです。次の日にマネージャーに言ったら、(島崎が泊まった部屋が)最上階だと言われました。それはゾッとしましたね」と告白。その時は天井からものすごい足音がしたそうだが、「すごくうるさかったんですが、寝ちゃいました(笑)」と話して笑いを誘っていた。

あわせて読みたい

気になるキーワード

  1. 島崎遥香 Instagram
  2. 島崎遥香 twitter
  3. 島崎遥香 ドラマ
島崎遥香のプロフィールを見る
マイナビニュースの記事をもっと見る 2019年4月6日の芸能総合記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

「島崎遥香 + ドラマ」のおすすめ記事

「島崎遥香 + ドラマ」のおすすめ記事をもっと見る

「島崎遥香 + 塩対応」のおすすめ記事

「島崎遥香 + 塩対応」のおすすめ記事をもっと見る

次に読みたい関連記事「横山由依」のニュース

次に読みたい関連記事「横山由依」のニュースをもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

芸能総合ニュースアクセスランキング

芸能総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

芸能の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

話題の芸能人のゴシップや噂など最新芸能ゴシップをお届けします。俳優やタレントやアイドルグループなどの情報も充実。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら