久光製薬が東京2020大会に込める思いとは - オリ・パラ担当者に聞いた

久光製薬が東京2020大会に込める思いとは - オリ・パラ担当者に聞いた
東京2020大会開催まで残り500日を切った。およそ半世紀ぶりの「TOKYO」での五輪の足音が聞こえ始めている中、協賛企業もオリンピック・パラリンピック競技大会の魅力を伝えるべく、体験型イベントやキャンペーンを全国各地で実施している。

久光製薬もまた、そんな盛り上がりを支える協賛企業の1社。今回は、東京2020大会のオフィシャルパートナーとして活動を行ってきた同社のオリンピック・パラリンピック推進室室長に、協賛を始めてから現在に至る1年間の取り組み、そして今後の展望を伺った。

――東京2020大会のオフィシャルパートナーとなったきっかけとは?

2013年、第125次IOC総会で、2020年のオリンピック・パラリンピック開催地として東京が選出されました。日本、そして東京でオリンピックを行う機会はそうそう巡ってくるものではありません。当社は代表的な商品である「サロンパス」を約40カ国に輸出しており、世界のみなさまにご利用いただいています。東京2020大会は、我々の取り組みと商品を世界に向けて発信していく、またとないチャンスであると考えました。

これまで五輪の協賛企業の中に、医薬品カテゴリで協賛した企業は存在してませんでした。その理由は、薬であるがゆえのドーピング問題をいかにクリアするかという「壁」があったからです。東京が開催地に決まった瞬間から協賛に向けた活動を行ってきまして、はれて2018年2月6日にオフィシャルパートナーとなることができました。

あわせて読みたい

マイナビニュースの記事をもっと見る 2019年5月20日の社会記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

社会ニュースアクセスランキング

社会ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

国内の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

国内に起きた最新事件、社会問題などのニュースをお届け中。