東京2020パラリンピック競技大会・陸上競技のマラソンコースが決定

東京2020パラリンピック競技大会・陸上競技のマラソンコースが決定
東京2020組織委員会はこのほど、東京2020パラリンピック競技大会において、陸上競技のマラソンコースが決定したことを発表した。

東京2020パラリンピック競技大会における陸上競技のマラソンは、2020年9月6日に開催される。このほど発表されたコースは、国際パラ陸上競技連盟(WPA)の承認を得て決定されたもの。

コースは、新国立競技場(オリンピックスタジアム)からスタートし、富久町~水道橋~神保町~神田~日本橋~浅草雷門~日本橋~銀座~増上寺~銀座~日本橋~神田~神保町~皇居外苑~神保町~水道橋~富久町を経て、新国立競技場でフィニッシュを迎える。

パラリンピック競技大会もオリンピック競技大会(2020/東京)のコースと同様に、現在建設中の新国立競技場をスタート・フィニッシュとして、42.195kmにわたり、東京の名所を回るコースとなる。

WPA代表のハウジェ・ガオ氏は、「東京の名所を回り、オリンピックスタジ
アムに戻ってくるというコースは、アスリートにとって特別な経験となるでしょう」とコメント。日本パラ陸上競技連盟会長の増田明美氏も「走っている選手にとっても、応援する観客にとっても『ザ・東京』を感じていただくことのできる魅力的なコース」と高く評価した。

陸上競技(マラソン)の西田宗城選手は、「車いすレースの魅力である迫力あふれるスピードと繰り返し続く駆け引きを沿道で感じていただければ嬉しい」と語っている。

リオデジャネイロ2016大会で銀メダルを獲得した道下美里選手も、「オリンピック競技大会と同じ大都市の公道をブラインドランナーが疾走する姿を想像するだけで、胸が熱くなる」とコメントを寄せた。

(C)Tokyo 2020

あわせて読みたい

マイナビニュースの記事をもっと見る 2019年4月10日の社会記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

> 今日の主要ニュース > 国内の主要ニュース > 海外の主要ニュース > 芸能の主要ニュース > スポーツの主要ニュース > トレンドの主要ニュース > おもしろの主要ニュース > コラムの主要ニュース > インタビューの主要ニュース

社会ニュースアクセスランキング

社会ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

国内の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

国内に起きた最新事件、社会問題などのニュースをお届け中。