NEDOと南相馬市がロボット関連人材育成などの協力協定を締結

NEDOと南相馬市がロボット関連人材育成などの協力協定を締結
新エネルギー・産業技術総合研究開発機構(NEDO)と福島県南相馬市は4月10日、都内で福島ロボットテストフィールド(福島RTF)などを活用したロボット関連人材育成などに関する協力協定を締結したと発表した。これにより、両者の連係を強化し、DRESSプロジェクトや人材育成講座などで国内外の人材が集う環境を同市に整備し、ロボット関連人材育成の推進やロボット関連産業の活性化を図る。

NEDOは、2017年度に開始した「ロボット・ドローンが活躍する省エネルギー社会の実現プロジェクト(DRESSプロジェクト)」において、各種ロボット(ドローン、水中ロボット、陸上ロボット)の適用分野(インフラ点検、災害対応)ごとに必要な性能の評価軸、その評価軸に沿った性能レベル、測定するための標準的な試験方法などの研究開発を実施し「ロボット性能評価手順書」を昨年に策定した。

また、同プロジェクトにおいて各種ロボットの性能評価やドローンの飛行試験などを福島ロボットテストフィールド(RTF)などで実施している。さらに、国内外のロボットメーカーやユーザーによるロボット性能評価手順書、福島RTFの利用を促すため、2018年度から「NEDOプロジェクトを核とした人材育成、産学連携などの総合的展開/ロボット性能評価手法に係る特別講座」を実施している。

福島RTFは、物流やインフラ点検、大規模災害などに活用が期待される無人航空機、災害対応ロボット、水中探査ロボットといった陸・海・空のフィールドロボットを主な対象に、実際の使用環境を再現しながら、研究開発、実証試験、性能評価、操縦訓練を行うことができる研究開発拠点。福島県南相馬市・浪江町で2018年度から順次開所している。

あわせて読みたい

気になるキーワード

マイナビニュースの記事をもっと見る 2019年4月11日のIT記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

次に読みたい関連記事「3Dプリンタ」のニュース

次に読みたい関連記事「3Dプリンタ」のニュースをもっと見る

新着トピックス

ITニュースアクセスランキング

ITランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

トレンドの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

最新IT業界情報やiPhoneやAndroidやガジェット、話題のサービス、IoT情報、スタートアップにまつわるニュースをお届け中。