京成電鉄3100形、成田スカイアクセス新型車両は2019年秋デビューへ

京成電鉄3100形、成田スカイアクセス新型車両は2019年秋デビューへ
京成電鉄は11日、成田スカイアクセス線用の新型車両3100形を発表した。同車両は新京成電鉄と共同で設計した京成グループ標準車両とされ、2019年度は8両編成を2編成、計16両を導入する予定。今秋の営業運転開始をめざすとしている。

新型車両3100形は「受け継ぐ伝統と新たな価値の創造」をコンセプトに、質実さや実用本位といった基本思想を大切にしつつ、空港アクセスを担う車両として便利で快適な移動空間を提供するため、同社初というデザインや設備も採用している。

外観には成田スカイアクセス線の案内カラーであるオレンジを基調としたデザインとし、同線を走る車両であることをわかりやすく表現するとともに、成田空港への別ルートである京成本線との誤乗車防止も図る。デザインのアクセントとして、空港アクセスのシンボルとなる飛行機をはじめ、「成田山新勝寺」「浅草雷門とスカイツリー」「千葉県側からの富士山遠景」といった沿線各所のイメージイラストも車体に描いた。ホームからの視認性向上のため、車外の種別・行先表示器を大型化している。

車内は快適に利用できる設備を導入するとともに、訪日外国人旅客に向けた設備やバリアフリー対応の設備も一層の充実を図る。座席は通常より背もたれの高いハイバック仕様として座り心地を改善。座席端部の袖仕切りにガラスを採用し、開放感を持たせた空間とする。座席の一部はスーツケース置場などに使用できる折畳み式に。スーツケース置場は1両あたり4カ所、先頭車は3カ所設置するという。先頭車に従来と同等の車いすスペース、中間車に車いす・ベビーカー利用者に向けたフリースペースを設置する。
マイナビニュースの記事をもっと見る 2019年4月11日の社会記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

社会ニュースアクセスランキング

社会ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

国内に起きた最新事件、社会問題などのニュースをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。