「ドラマ」山田良明×八木康夫(前編) 平成初期にフジ・TBSが“月9”対決

「ドラマ」山田良明×八木康夫(前編) 平成初期にフジ・TBSが“月9”対決
●恋愛ドラマは集団から1対1へ
2019年4月30日に幕を下ろす「平成」。マイナビニュースでは、「平成」の中で生み出されたエンタメの軌跡をさまざまなテーマからたどる。この「平成テレビ対談」は、「バラエティ」「クイズ」「ドラマ」「ドキュメンタリー」「音楽番組」「アナウンサー」という6ジャンルで平成に活躍したテレビマンたちが登場。平成のテレビを振り返りながら、次の令和時代への期待を語り合っていく。

「ドラマ」からは、フジテレビで『東京ラブストーリー』『101回目のプロポーズ』などのトレンディドラマを手がけた山田良明氏と、TBSで『カミさんの悪口』『オヤジぃ。』などのホームドラマを手がけた八木康夫氏。前編では、2人が月曜9時枠に同クールでドラマを制作していたことなど、平成初期のエピソードを中心に語ってもらった――。

○■恋愛モノに対してホームコメディで

――同時期にドラマプロデューサーとして活躍されていたお2人ですが、お互いについてはどのように見ていましたか?

山田:八木さんとは昭和のころから、よく対談とかでお会いしましたよね。

八木:そうそう。何度もお会いしました。

山田:『うちの子にかぎって…』を見て、「あっ、田村(正和)さんがこういう(コメディ)芝居をするんだ」と思って。それから(同じ田村正和主演の)『男の家庭科』を作りました。そういう意味では勉強させてもらいました。

八木:自分の作品も含めて、「一番好きなドラマは何か」と聞かれたら、『北の国から』と答えます。別に山田さんが目の前にいるからで

あわせて読みたい

マイナビニュースの記事をもっと見る 2019年4月15日の芸能総合記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

芸能総合ニュースアクセスランキング

芸能総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

芸能の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

話題の芸能人のゴシップや噂など最新芸能ゴシップをお届けします。俳優やタレントやアイドルグループなどの情報も充実。