中川家、上方漫才大賞V2!「ずっと漫才の舞台に立ち続けたい」

中川家、上方漫才大賞V2!「ずっと漫才の舞台に立ち続けたい」
1966年から続く関西で最も歴史ある漫才賞『第54回上方漫才大賞』(カンテレ・ラジオ大阪主催)の発表会が13日、大阪・オリックス劇場で行われ、中川家が大賞に輝いた。

中川家の大賞受賞は、2010年の第45回大会以来、9年ぶり2回目。礼二は「2回目というのがよりうれしい」と喜びを語り、「もっと獲られている先輩もいらっしゃるので、肩を並べられるように、これからも漫才を中心にがんばっていきたい」と意気込んだ。

剛は「小学校のころから見ていた賞で、あの舞台に僕らも立つことがあるんかな?と思ったこともあったので感慨深い」と漫才師にあこがれた少年時代に思いを馳せ、「大阪・守口市の下町のクソガキ2人が(笑)、こんなところに立たせていただいてありがたい。夢はかなっているのかなと」と感無量の様子だった。

また、今後の目標を聞かれると、礼二は「漫才は常に動いていくものなので、ずっと舞台に立ち続けること」、剛は「まだ48歳ですけど、60歳になっても小学生に指を差して笑ってもらえるような漫才師に。親しみやすい“おもしろいオッサン”になっていけたら」と話し、漫才へのこだわりを強調した。

会場でのネタ審査で競われた「新人賞」はミキが、「奨励賞」はかまいたちがそれぞれ受賞。

ミキは、兄弟漫才師の先輩である中川家を「あこがれ」の存在と語り、昴生は「中川家さんが大賞を獲られるときに、絶対に新人賞を獲らないと!と思っていたので、すごくうれしい」と満面の笑顔。亜生は「普段はあまり褒めることをしない礼二さんが、メイク室の鏡越しに『おめでとう』と言ってくれたのがうれしかった」と感激しきりだった。

あわせて読みたい

気になるキーワード

マイナビニュースの記事をもっと見る 2019年4月14日の芸能総合記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

次に読みたい関連記事「ゆりやんレトリィバァ」のニュース

次に読みたい関連記事「ゆりやんレトリィバァ」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「ゆいP」のニュース

次に読みたい関連記事「ゆいP」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「大西ライオン」のニュース

次に読みたい関連記事「大西ライオン」のニュースをもっと見る

新着トピックス

芸能総合ニュースアクセスランキング

芸能総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

芸能の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

話題の芸能人のゴシップや噂など最新芸能ゴシップをお届けします。俳優やタレントやアイドルグループなどの情報も充実。