”執事”上川隆也、スイーツをサーブ! 佐藤二朗は苺をくわえキュートな表情

”執事”上川隆也、スイーツをサーブ! 佐藤二朗は苺をくわえキュートな表情
テレビ東京系金曜8時のドラマ『執事 西園寺の名推理2』(4月19日スタート 毎週金曜20:00~)の製作発表会見が16日に同局で行われ、上川隆也、佐藤二朗、吉行和子が登場した。

同作は常に"奥様"のために誠心誠意尽くす執事・西園寺一が、幅広い知識と経験、冴え渡る観察眼を駆使し、優雅で上品、好奇心旺盛な未亡人である"奥様"のために殺人事件の捜査もこなしてしまうという、ミステリー・エンターテインメント。2018年4月クールにシリーズ第1作が放送され、好評を博した。

第1作から「手応えを感じていた」というキャスト陣。佐藤は「上川さんが(西園寺)そのものなんですよ。気さくな人ですけども、少なくとも僕の3,000倍くらいはしっかりしてて」と語る。他のキャスト陣がお酒をどんどん飲む中で、1人翌日の撮影のために烏龍茶だった上川の様子について「最終的には、肉を取り分けるのも焼くのもタレを補充するのも全部、上川さんなんですよ」と明かした。

令和に向けても「酒量を減らす」という目標を掲げた佐藤だが、前述の飲み会のあとに撮ったという第6話は二日酔いの状態だったという。しかし上川は「すごいんですよ。二日酔いとおっしゃいながらセリフは完璧なんですよ」とフォローし、佐藤は「「そうなの。自分でも驚いた。俳優ってすごいなと思った」と語った。

また、「お金持ちの役をやったことないんですよ」という吉行は「私が何かいうと必ず西園寺が叶えてくれるでしょう? なんだか申し訳なくてね。私でいいのかしらっていうような気持ちでやってるんです」と苦笑。「これが終わる頃にはきっとくせになっちゃって、さびしくなっちゃう。誰も私のためになんかやってくれる人はいないんですけど、それをちょっと恐れながら、この番組が続けばと願っています」と希望する。上川も、「ぜひクセにしていただけるほどに、この作品が続けばと思います」と今後の展開を願っていた。

今回は「奥様のお願いを叶える」という名目で、異例の苺ビュッフェも登場。なぜか佐藤に「苺をくわえてください」という指示が飛び、佐藤がキュートな表情を浮かべる場面も。さらに、上川が吉行にサーブするだけでなく、その場にいた記者たちにもスイーツが振る舞われた。

あわせて読みたい

気になるキーワード

マイナビニュースの記事をもっと見る 2019年4月16日の芸能総合記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

次に読みたい関連記事「長谷川博己」のニュース

次に読みたい関連記事「長谷川博己」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「鈴木浩介」のニュース

次に読みたい関連記事「鈴木浩介」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「玉山鉄二」のニュース

次に読みたい関連記事「玉山鉄二」のニュースをもっと見る

新着トピックス

芸能総合ニュースアクセスランキング

芸能総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

芸能の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

話題の芸能人のゴシップや噂など最新芸能ゴシップをお届けします。俳優やタレントやアイドルグループなどの情報も充実。