Razer、定番ゲーミングキーボード「BlackWidow」新モデル

Razer、定番ゲーミングキーボード「BlackWidow」新モデル
Razerは4月18日、ゲーミングキーボード「BlackWidow」新モデルの国内販売を発表した。4月26日に発売し、希望小売価格は税別18,000円。

「BlackWidow」は独自のメカニカルスイッチ(グリーン軸)を採用するゲーミングキーボード。打鍵の際にカチッとした感触と音が鳴るクリッキータイプのスイッチで、8,000万回の耐久性を備えるという。

アンチゴースト機能、Nキーロールオーバーに対応し、複数キーの同時入力をサポート。専用のユーティリティソフトウェア「Razer Synapse 3」からキーの割り当て変更、マクロの設定が可能だ。

日本語109キー配列モデルと英語104キー配列モデルをラインナップ。キーストロークは4㎜、アクチュエーションポイントは1.9㎜、リセット/アクチュエーションポイントの差が0.4㎜、押下圧は50g。ポーリングレートは1,000Hz。

インタフェースはUSB。本体サイズはW448×D170×H38.8㎜、重さは1,248g。

あわせて読みたい

マイナビニュースの記事をもっと見る 2019年4月18日のIT記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

ITニュースアクセスランキング

ITランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

トレンドの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

最新IT業界情報やiPhoneやAndroidやガジェット、話題のサービス、IoT情報、スタートアップにまつわるニュースをお届け中。