地方出身者が見た、東京の電車で驚いたこと - 「渋谷駅は祭りかと思った」

地方出身者が見た、東京の電車で驚いたこと - 「渋谷駅は祭りかと思った」
就職や進学のため地方から東京へ出てくる人が多い春。東京の人の多さや街の大きさは誰でも知っているが、実際に電車に乗ってみると驚いたり戸惑ったりすることのほうがはるかに多いだろう。

そこで今回は、出身が東京都以外のマイナビニュース会員249名に「東京の電車」についてアンケートを実施してみた。

Q. 東京で電車を利用した時、驚いたことや戸惑ったことなどはありますか?

○とにかく大きい

「電車に乗ろうとしても、線がありすぎるのと距離が結構離れているので、間違うとすごく大変でした。人も多くて大変だなと感じました」(34歳/女性/鹿児島県)
「駅のホームが多すぎて目的地へ行く路線がわからなかった」(59歳/男性/大阪府)
「駅が大きくて乗り換えするのにかなり歩き、遅れるかと思ってドキドキしてストレスを乗るたびに感じる」(60歳/女性/埼玉県)
「乗り継ぎが複数あったり、駅ホームから別の列車に乗り継ぐときに方面別に昇降する階段出口が違ったりして、準備して覚えておかないと周囲の進むペースについていけない」(43歳/男性/北海道)
「地下鉄の路線が複雑すぎ。山手線と京浜東北線が並行するのでわかりにくい」(57歳/男性/大阪府)
「地下鉄大江戸線の地下が深すぎてなかなかホームへ辿り着かなかったこと」(37歳/男性/兵庫県)
「東京駅で迷ってしまい、どこの改札を使えばいいかよくわからず、東京に住んでいる兄に迎えに来てもらった」(37歳/男性/石川県)

あわせて読みたい

気になるキーワード

マイナビニュースの記事をもっと見る 2019年4月29日の社会記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

社会ニュースアクセスランキング

社会ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

国内の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

国内に起きた最新事件、社会問題などのニュースをお届け中。