おばたのお兄さん、カラオケバトルで歌唱力発揮! 小栗旬モノマネも入れ込む

おばたのお兄さん、カラオケバトルで歌唱力発揮! 小栗旬モノマネも入れ込む
お笑い芸人おばたのお兄さんが19日、沖縄県内で開催中の「島ぜんぶでおーきな祭 第11回沖縄国際映画祭」(18日~21日)で行われた「歌うま芸人カラオケバトル」に参戦した。

「歌うま芸人カラオケバトル」では、レイザーラモンRG、藤田憲右(トータルテンボス)、誠子(尼神インター)、おばたのお兄さんの4人、大地洋輔(ダイノジ)、大村朋宏(トータルテンボス)、川原克己(天竺鼠)、エハラマサヒロの4人、という2チームに分かれて対決。ヒデ(ペナルティ)とガンバレルーヤがMCを務めた。

吉本坂46のメンバーでもあるおばたは、久保田利伸の「LA・LA・LA LOVE SONG」を披露。小栗旬のモノマネで知られるおばただが、「小栗旬さん封印で、“まきの”を出さないで本気で!」と気合たっぷり。ところが、流れたのはスローテンポのMidnightバージョンで、練習してきた成果を出せず。「めちゃめちゃ練習してきたのに」と悔しがり、見守る芸人たちは大爆笑だった。

続いて、同じく吉本坂46として活動するエハラマサヒロが、中孝介の「花」を歌唱。おばたのようなハプニングはなく通常バージョンで見事な歌声を披露すると、観客から拍手が沸き起こり、おばたは「ずるいっすよ」とポツリ。点数でもおばたの73.110点を大きく上回る88.274点となった。

そして、全員が歌い終わったところで、「LA・LA・LA LOVE SONG」の通常バージョンが見つかり、おばたがリベンジ。今度は無事に歌唱力を発揮し、ほかの芸人たちから「うまい」と称賛の声が。また、封印宣言していた小栗旬モノマネも途中で入れ込み、笑いを誘っていた。

あわせて読みたい

気になるキーワード

マイナビニュースの記事をもっと見る 2019年4月19日の芸能総合記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

次に読みたい関連記事「明石家さんま」のニュース

次に読みたい関連記事「明石家さんま」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「陣内智則」のニュース

次に読みたい関連記事「陣内智則」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「横澤夏子」のニュース

次に読みたい関連記事「横澤夏子」のニュースをもっと見る

新着トピックス

芸能総合ニュースアクセスランキング

芸能総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

芸能の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

話題の芸能人のゴシップや噂など最新芸能ゴシップをお届けします。俳優やタレントやアイドルグループなどの情報も充実。