キングジムTwitter・Instagram担当者に聞く、企業アカウント運用術

キングジムTwitter・Instagram担当者に聞く、企業アカウント運用術
●顧客との接点を持ちたかった
SNSアカウントを開設し、“公式”として運用する企業は、2014年前後から目立つようになった。SNSは顧客接点を強化する有用なツールのひとつである。しかし、投稿への反応が少ない、フォロワーが増えないなど、思うようにいかないことに悩みを抱える企業も少なくない。

一方で、人気アカウントとして数万、数十万ものフォロワーが付き、ひとつひとつの投稿へのエンゲージメントが高く、企業の認知度拡大をはじめとしたポジティブなインパクトを得る企業もある。今回、そのひとつでもある文房具メーカー「キングジム」の事例を紹介する。

キングジムが運用するSNSのうち、約33万フォロワーを抱えるTwitter(@kingjim)と約4万9000フォロワーを抱えるInstagram(@hitotoki_official)の運用について、それぞれの担当者に話を伺った(いずれも数字は2019年4月24日時点)。

キングジムのTwitterは、2010年2月にアカウントを開設し、今年で9年目を迎える。他の企業よりもいち早くアカウントを立ち上げたのは、既にTwitterを活用していた社長が、Twitterという新しいメディアを活用し、顧客接点を持ちたいと考えたのがきっかけだった。

「当時、2008年に発売したデジタルメモ『ポメラ』について、お客様がハッシュタグを付けて使用感や次機種への要望などを活発にツイート

あわせて読みたい

気になるキーワード

マイナビニュースの記事をもっと見る 2019年5月15日のIT記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

次に読みたい関連記事「Twitter」のニュース

次に読みたい関連記事「Twitter」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「YouTube」のニュース

次に読みたい関連記事「YouTube」のニュースをもっと見る

新着トピックス

ITニュースアクセスランキング

ITランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

トレンドの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

最新IT業界情報やiPhoneやAndroidやガジェット、話題のサービス、IoT情報、スタートアップにまつわるニュースをお届け中。