【特集】30代のリアルな悩みをズバッと解決 第2回 住宅購入は何から始めるべきなのか、FPに聞いてみた

【特集】30代のリアルな悩みをズバッと解決 第2回 住宅購入は何から始めるべきなのか、FPに聞いてみた
人生における30代は、悩み多き年代と言えるのではないだろうか。就職間もない20代に比べ、結婚や出産といったライフステージの変化を経た人が圧倒的に多くなり、年収や貯金額も同世代間で差が付き始める。それに伴い、悩みの種も増えてくるというわけだ。

そこで本特集では、30代の悩みとしてあげられることが多い「結婚」「貯蓄」「健康」「住宅購入」の4テーマに関し、各分野のエキスパートによるアドバイスを紹介する。今回のテーマは「住宅購入」。一級建築士であり、ファイナンシャルプランナーでもある佐藤章子さんに、住宅購入の手ほどきについて解説してもらった。

「子どもの成長を考えれば、そろそろ……」「住宅ローンの返済を考えれば、なるべく早く……」と、住宅購入を急ぐ気持ちを持たれる30代の方も少なくないと思います。半面、「頭金の用意もまだなのに……」「大きなローンを組んで本当に大丈夫?」と言った具合に、不安面もまた多いのではないかと思います。

住宅購入は人生の一大事。慎重にことを進めないといけませんが、そもそも何から始めればいいのでしょうか。本稿では、これから住宅取得を始める方向けに、「何からスタートすればよいか」「どんなことに注意すればよいか」をお伝えしていきます。
○(1)住まい取得への夢と不安を大切にする

「住まい取得への夢と不安を大切にする」。どういう意味か「?」となった方もいらっしゃるかもしれませんが、住宅取得に成功するには、住まいの取得への夢やメリットをしっかり自覚し、温めていくことがとても重要なのです。私の経験からすると住まいの取得について熱く語れる人ほど、上手に住まいを取得します。

あわせて読みたい

気になるキーワード

マイナビニュースの記事をもっと見る 2019年5月16日の社会記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

社会ニュースアクセスランキング

社会ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

国内の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

国内に起きた最新事件、社会問題などのニュースをお届け中。