「アナウンサー」須田哲夫×吉川美代子(後編) 大きく変化した“女子アナ”

「アナウンサー」須田哲夫×吉川美代子(後編) 大きく変化した“女子アナ”
●神宮の観衆が沸く中井美穂アナ
2019年4月30日に幕を下ろす「平成」。マイナビニュースでは、「平成」の中で生み出されたエンタメの軌跡をさまざまなテーマからたどる。この「平成テレビ対談」は、「バラエティ」「クイズ」「ドラマ」「ドキュメンタリー」「音楽番組」「アナウンサー」という6ジャンルで平成に活躍したテレビマンたちが登場。平成のテレビを振り返りながら、次の令和時代への期待を語り合っていく。

「アナウンサー」からは、フジテレビで『タイム3』『スーパーニュース』などに出演し、3月で同局を離職した須田哲夫氏と、TBSで『ニュースの森』『みのもんたの朝ズバッ!』などに出演し、現在は『全力!脱力タイムズ』(フジ)などのバラエティ番組でも活躍する吉川美代子氏。後編では、平成の30年でのアナウンサーの役割の変化、そしてレジェンド2人から後輩たちへの期待などについて話してもらった――。

○■スポーツDが「またカップルできちゃった(笑)」

――平成の30年間で、アナウンサーの役割の変化というのは、どのように感じていますか?

須田:やはり女性は大きく変わりましたよね。“女子アナ”と呼ばれて、タレントのようにバラエティで活躍するようになって、華やかになりましたから。

吉川:本当に女性アナウンサーの出演する番組は、幅が広がりましたよね。平成なってから番組だけでなく、放送局制作の映画や芝居の記者発表MC、美術展のオープニング式典MC、ネット番組もあるし。昭和の時代はTBSの場合、女性アナウンサーがメインになる仕事はラジオの『こども音楽コンクール』と『こども電話相談室』以外になくて、あとは男性パーソナリティのアシスタントだけ。テレビも、天気予報、『3時にあいましょう』のアシスタント、あと夕方の『テレポート6』というローカル情報番組のアシスタントやリポーターくらいだったんです。それが今はニュースや情報番組でメインを張って、バラエティに出て、アシスタントじゃなくてひな壇に並ぶようなアナウンサーも出てきましたからね。本当に変わったと思います。

あわせて読みたい

気になるキーワード

マイナビニュースの記事をもっと見る 2019年4月26日の芸能総合記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

次に読みたい関連記事「徳永有美」のニュース

次に読みたい関連記事「徳永有美」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「弘中綾香」のニュース

次に読みたい関連記事「弘中綾香」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「堀潤」のニュース

次に読みたい関連記事「堀潤」のニュースをもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース インタビューの主要ニュース

芸能総合ニュースアクセスランキング

芸能総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

芸能の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

話題の芸能人のゴシップや噂など最新芸能ゴシップをお届けします。俳優やタレントやアイドルグループなどの情報も充実。