読めなかったら仕事で恥をかく!? 難読苗字クイズ

読めなかったら仕事で恥をかく!? 難読苗字クイズ
●難読苗字クイズ
初めての相手からメールが届いたとき、「ん? この苗字、なんて読むんだ……」と困った経験はないだろうか? 何万もの苗字が存在するとあって、中には難読な漢字も多い。そんなとき、ズバッと読むことができれば、クライアントや仕事仲間たちから一目置かれるかも! ということで、ここでは5つの難読苗字をピックアップ! ぜひ読んでみてほしい。
○【Q.2】庭植

○【Q.4】双畑

○【Q.5】粟冠

いずれも見かけることが少ない、珍しい苗字ばかり。全部読むことができただろうか? 次のページで答え合わせ!

●正解はこちら!
○【Q.1】鴻(びしゃご)

読み方の想像もつかない……という人も多かったはず。「びしゃご」のほか、「おおとり」という読みもあるそうだ。石川県愛知県にみられる苗字とのこと。
○【Q.2】庭植(にわとこ)

そのまま「にわうえ」と読む場合もあるそうだが、珍しいのが「にわとこ」。群馬県富山県、石川県にみられる苗字だという。
○【Q.3】五十部(いそべ)

栃木県にルーツがあるこちらは、「いそべ」。「ごじゅう……?」と読んでしまった人はいなかっただろうか?
○【Q.4】双畑(すごはた)

昔ながらの遊び「双六(すごろく)」の読みを知っている人は、すんなり読めたかも。大阪府岩手県にみられる苗字とのことだ。
○【Q.5】粟冠(さっか)

つい「くりかん?」などと読んでしまいそうになるが、正しくは「さっか」。「あわいはら」という読みもあるそうだ。山梨県に多数みられるという。

あわせて読みたい

マイナビニュースの記事をもっと見る 2019年4月28日の社会記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

社会ニュースアクセスランキング

社会ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

国内の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

国内に起きた最新事件、社会問題などのニュースをお届け中。