仕事で「読めません」は通用しない!? 難読苗字クイズ

仕事で「読めません」は通用しない!? 難読苗字クイズ
●難読苗字クイズ
初めての相手からメールが届いたとき、「ん? この苗字、なんて読むんだ……」と困った経験はないだろうか? 何万もの苗字が存在するとあって、中には難読な漢字も多い。そんなとき、ズバッと読むことができれば、クライアントや仕事仲間たちから一目置かれるかも! ということで、ここでは5つの難読苗字をピックアップ! ぜひ読んでみてほしい。
○【Q.2】谷利

○【Q.4】上関

○【Q.5】十九百

いずれも見かけることが少ない、珍しい苗字ばかり。全部読むことができただろうか? 次のページで答え合わせ!

●正解はこちら!
○【Q.1】君家(おうや)

そのまま「きみいえ」と読む場合や、「おおや」「きみや」など複数の読みがあるそうだ。大阪府三重県神奈川県などにみられるという。
○【Q.2】谷利(せり)

「たにかが」「たにとし」の読みはわかりそうだが、この「せり」が読めた人は少なかったのではないだろうか? 滋賀県京都府にみられるとのことだ。
○【Q.3】土定(どんじょう)

「つちさだ?」などと頭を悩ませてしまった人も多かったのでは? 正解はまさかの「どんじょう」。東京都石川県、京都府などにみられるそう。
○【Q.4】上関(わせき)

岩手県や東京都にみられるこちらは、つい「じょうせき?」と読んでしまいそうになるが、正しくは「わせき」。知らないと読めないかも。
○【Q.5】十九百(つづお)

鳥取県がルーツの伝統的な苗字とのこと。「じゅうく……?」と言葉に詰まってしまいそうだが、正解は「つづお」。難易度が高い……。

あわせて読みたい

マイナビニュースの記事をもっと見る 2019年5月5日の社会記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

社会ニュースアクセスランキング

社会ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

国内の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

国内に起きた最新事件、社会問題などのニュースをお届け中。