競技型デジタルアートが熱い!! 「LIMITS」日本大会決勝、わずか20分で絵を描き切る勝負の行方は

競技型デジタルアートが熱い!! 「LIMITS」日本大会決勝、わずか20分で絵を描き切る勝負の行方は
詰めかけた観客の前で、ワコムの液晶ペンタブレット「Wacom Cintiq Pro 16」を使い、アーティストがパフォーマンスを競い合う。そんな競技型のガチンコバトル「LIMITS(リミッツ)デジタルアートバトル日本大会」の決勝トーナメントが4月13日、14日に大阪・茶屋町 毎日放送のちゃやまちプラザで開催された。

競技型デジタルアート「LIMITS」とは?


LIMITS(リミッツ)とは、”絵が生まれる制作過程”をパフォーマンス競技に昇華させたデジタルアートの大会。ステージに立った2人のアーティストが、制限時間わずか20分を使い切り、表現の限界に挑戦していく。2015年に大阪で誕生したイベントだが、年を追うごとに規模が拡大しつつある。今回、ちゃやまちプラザで開催されたのは、2019年6月に開催される3度目の世界大会への出場権をかけた日本大会という位置づけだ。

作品は「アイデア」「スピード」「テクニック」「ビジュアルストーリーテリング」という4つの評価基準で採点される。100点満点で、審査員4名による票(80点)+来場者およびネット配信の視聴者によるオーディエンス票(20点)という内訳だ。

本大会の予選には、北海道から沖縄まで、全国に在住する200名を超えるアーティストがエントリーした。イラストを本職にしている人だけでなく、学生、一般企業のビジネスパーソンなど、その顔ぶれは多彩。ちなみに最年少は7歳の少年で、過去大会を見てデジタルアートに興味を持ったという。残念ながら予選で破れたが、裾野の広さがうかがえるエピソードだ。4月13日、14日のトーナメントは、地区大会と最終予選を勝ち上がった16名で争われた。

あわせて読みたい

気になるキーワード

マイナビニュースの記事をもっと見る 2019年4月27日のIT記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

次に読みたい関連記事「ノートPC」のニュース

次に読みたい関連記事「ノートPC」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「スマートフォン」のニュース

次に読みたい関連記事「スマートフォン」のニュースをもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース インタビューの主要ニュース

ITニュースアクセスランキング

ITランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

トレンドの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

最新IT業界情報やiPhoneやAndroidやガジェット、話題のサービス、IoT情報、スタートアップにまつわるニュースをお届け中。