東急電鉄から養老鉄道へ、7700系ついにデビュー - その改造内容は

東急電鉄から養老鉄道へ、7700系ついにデビュー - その改造内容は
養老鉄道が4月27日に全線開通100周年を迎え、大垣駅ホームで「養老線全線開通100周年記念出発式」が開催された。あわせて東急池上線・東急多摩川線で活躍し、養老鉄道に譲渡されて整備・試運転が行われていた車両7700系が営業運転を開始した。

養老鉄道の車両・鉄道施設の維持・管理は養老線管理機構が行っており、現在は既存車両の老朽化にともなう車両更新事業を実施している。既存車両15両を廃車にするとともに、東急グループの東急テクノシステム経由で購入した7700系15両(2両編成×3編成、3両編成×3編成)へ置換えを順次進める計画。事業費は約6億9,400万円だ。
○■養老鉄道7700系、スカートを取り付けた理由は?

東急電鉄で活躍した7700系は、1962(昭和37)年から製造開始された日本初のオールステンレス車7000系(初代)をベースに、1987~1991年にかけてボディー以外の台車、電機品、内装など総取替えを行った車両だ。

おもに東急池上線・東急多摩川線で活躍し、2018(平成30)年の時点で6編成18両が残っていた。うち15両が養老線管理機構に譲渡され、残った1編成は昨年11月に「さよなら運転」を実施。7700系は東急電鉄から姿を消した。

養老鉄道に移籍した15両のうち、4月27日にデビューした車両は2018年度に改造されたTQ12編成・TQ03編成の2編成6両。TQ12編成はいわゆる「緑歌舞伎」のカラーリングが施され、TQ03編成は東急電鉄時代の赤帯がそのまま生かされている。今後は2019年度に改造を受けた編成が順次、営業運転を開始する予定で、緑帯の2両編成を2編成、「赤歌舞伎」と呼ばれるカラーリングの3両編成を1編成、赤帯の2両編成を1編成導入。2020年2月頃までに全15両が出そろう予定だ。

あわせて読みたい

マイナビニュースの記事をもっと見る 2019年4月28日の社会記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

社会ニュースアクセスランキング

社会ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

国内の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

国内に起きた最新事件、社会問題などのニュースをお届け中。